きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

8

2005


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年08月17日(水)

はじめての軽井沢、2日目 [きょうのできごと]

泊まったのは、軽井沢から少し先にある追分宿の油屋旅館
めちゃめちゃ古い老舗旅館で、建物も年季が入りまくっている。なんといっても昭和の文豪たちが泊まった部屋がそのまま使われているほどなのだから、趣を超えたものを感じる迫力があった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

まっくらな中にある昭和な建物

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ぶっとい梁はあと100年大丈夫だろうという

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

テレビから電話まで全てが昭和

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ほとんどが手作りという朝食


野菜もここで作っているものばかりで、前の日に数を決めて採ってきているとのこと。どれも素朴だけど美味しかった。

宿の周囲は、古い宿場町で、軽井沢とはまたちょっと違った雰囲気。おばあちゃんちのある田舎にでも遊びに来た感じ、といったらいいのかな。
レトロで、緑が多くて、静かなところだった。軽井沢に泊まるよりも正解だったのかもしれないね。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

午後は、自転車を借りて旧軽井沢周辺をサイクリング&散策。
緑の間を潜り抜けて走るのは心地よく、いいリフレッシュに。
「夏休みに軽井沢なんてなんてベタな」と思われるかもしれない、ちょっぴり恥ずかしいような照れくさいような気もするけど、やっぱり楽しい2日間だった。
別荘がほしいとは思わないけど、あまり時間のない休みに、ふらっと行ってのんびり気分転換になるのなら、また時々行ってもいいなぁと思う。

Posted by コバシ at 14時01分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.jvmweb.com/blog/tb.php?ID=254

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.