きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

9

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年09月17日(土)

13分半だけの時間 [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

小沢健二の「天使たちのシーン」をよく聴いている。
いまだに12年前の、それも小沢健二の曲を聴いているというと、
ちょっと笑われそうだけど、
僕はこの曲が大好きだ。
うまく言うことはできないのだけど、
心地よいベースが刻むリズム、ヘタだけどゆったりした歌、
のびのびと鳴くサックス、
そして繰り返されるシンプルな歌詞。
それらがいっしょになって、じわりじわりと体の内側に染み込んでくる。
ゆっくり、ゆっくりと。
それが、なぜだかものすごく気持ちよく、ちょっとホッとして、とても落ち着く。
しばらくボーっとして聴くのがいい。

神様を信じる強さを僕に
生きることをあきらめてしまわないように
にぎやかな場所でかかりつづける音楽に
僕はずっと耳を傾けている(歌詞より)

小沢健二は、「このCDを買った最も忙しい人でも、どうか13分半だけ時間をつくってくれて、歌詞カードを見ながら”天使たちのシーン”を聴いてくれますように」とライナーノーツに書いた。

僕は、この先もずっと、
たとえどんなに忙しい時でも、
この1曲を聴く時間を、
13分半の時間を大切にしたいと思う。
ついでにいうと、
本当は夕方に、夕日を見ながら聴きたいのだけど。
それが難しい状況だったとしたら、
たとえ深夜でも、明け方でも、
どんな時間でもいい。
13分半の時間を持とう。
そしてまた、この歌を聴こう、と思う。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
犬は吠えるがキャラバンは進む

犬は吠えるがキャラバンは進む

※もともとのCD「犬は吠えるがキャラバンは進む」はもう廃盤になっているけれど、後に出た「dogs」も内容は同じらしい。

dogs

dogs


Posted by コバシ at 22時38分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.jvmweb.com/blog/tb.php?ID=288

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.