きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

4

2007


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年04月16日(月)

エコノミカルパレス(角田光代) [こんな本読んでみた]

角田光代の中では少し古めの小説「エコノミカル・パレス」。
「魂のない仕事はしたくない」とのたまう無職の彼氏と同棲する
34歳のフリーター=主人公の話。

「フリーター」「30代女性」「旅」「同棲」「生活感」……
そして何より、執拗なまでに読み手にも伝わってくる、主人公のどうしようもない「いらいら」「不快感」。
そんな要素がすべて盛り込まれた「角田光代らしい」小説だった。

紹介文には「『フリーター文学』とも呼ばれた筆者の転換点」とあるけど、
むしろいまだったら「ニート文学」といってもいいかもしれない。

生きる目的も夢も目標もみつからず、
なんとなく現状を維持するためにその日暮らし。
それでいいと思っているわけではないにせよ、
どうにかしようと具体的に思っているわけでもないし、
もちろん行動しているわけはない。

今、こういう人は若者には本当に多いと思う。
それは(一応若者のつもりの)自分が周りを見ていても感じることで、
だからとってもリアリティがある。

生々しく、痛々しく、せつなく、さびしく。
これから世の中がどう変わるのか分からないけれど、
もし、10年後、30年後が今とはまたちがった時代になっているとしたら、
「あの頃の若者はこうだった」なんて思い起こすことができる
今をあらわす小説になると思う。

??¨???????????????????????¬???

エコノミカル・パレス


Posted by コバシ at 00時00分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.jvmweb.com/blog/tb.php?ID=900

エコノミカル・パレス<角田光代>−(本:2007年133冊目)−

エコノミカル・パレス 出版社: 講談社 (2002/10) ISBN-10: 4062114194 評価:69点 同棲している34歳男女。男は失業保険で食いつなごうとし、まともに仕事を探すどころかバイトさえもやろうとしない。 女は雑文を書き散らかすことと、バイトでなんとか家賃を稼いでい

デコ親父はいつも減量中 2007年11月10日 01時50分

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.