きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

6

2017


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2010年12月06日(月)

食彩かどた [おいしいご飯&カフェ]


海外に行っている妹が久々に帰ってきて東京に立ち寄ったので、一緒に食事に行くことに。
せっかく日本に戻ってきたのだし、東京なんだから、海外でも沖縄でも食べられないような、きちんとした和食のお店に行きたくなり、前々からチェックしていた、恵比寿駅すぐ近くの「食彩かどた」へ。

「かどた」は駅からとても近いのに、落ち着いた雰囲気の小さな小料理屋。
和食、それも小料理屋は敷居が高いイメージがあって正直行きづらいのだけど、
かどたの場合はぼくらでも緊張しないで行けるほどよい大人な感じと、安心できるお値段設定がうれしい。

お魚と野菜中心でヘルシーな料理。
味付けはしっかりとした関東風だけど、どれも上品で、
ゆっくり2時間かけて味わいました。

ごちそうさま。

Posted by コバシ at 20時30分   パーマリンク

2010年11月30日(火)

サヴォイでピッツア [おいしいご飯&カフェ]

画像(337x450)・拡大画像(480x640)

仕事を早めに切り上げて、以前に買ったクーポンを期限ギリギリに使うべく「サヴォイ」へ。
三宿だと勝手に思っていたら「三宿通り店」で、最寄駅は祐天寺(といっても徒歩10分以上!)。
ちょっとセレブな雰囲気の住宅街を抜けた先にある、カジュアルなイタリアンレストランだった。

メインのピザはマルゲリータとマリナーラの2種類のみ(!)。

時差を付けて運ばれた2枚のピザは、生地はもちもち、耳はぱりっと焼けていて美味しい。
マルゲリータはソースの上に振ってある塩加減が絶妙、
マリナーラはガーリックの風味が香ばしくて、
どちらもペロッと食べてしまう。

お店の雰囲気や店員さんのサービスは決してよいといえず、ある意味とっても武骨なピザ屋なのかも、だけど、
とっても幸せになれる店。

このあとワインを飲み過ぎなければ……。

画像(450x337)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2010年10月17日(日)

オガワカフェ [おいしいご飯&カフェ]

画像(337x450)・拡大画像(480x640)

三鷹台の踏切の前の、小さな階段を上った先にある「オガワカフェ」は、いい意味で「ふつう」のカフェ。

かんたんなようだけど「ふつう」でいることって、実はとっても難しい。
店主のことを「オーナー」と呼ぶように、「自分のお店」という意識が強いひとほど、
どこか突き抜けたところを個性にしたがるものだと思うから。
もちろんオーナーのセンスと自分(お客)の趣味がぴったりあえばそこが居心地のよい場所になるのだけど、
家族や友人と一緒に行くのなら「ふつう」な感覚のお店ほど、
安心して使いやすかったりする(だから決してセンスがない,という意味ではないですよ)。

そんなわけで(?)、オガワカフェは「ふつう」だけどとってもいいカフェなわけです。


気取らず、背伸びせず、ほどよくまったり、一息つけて。


関連タグ :

Posted by コバシ at 21時00分   パーマリンク

2010年07月08日(木)

湘南バゲット [おいしいご飯&カフェ]

画像(298x450)・拡大画像(425x640)

ひさびさに訪れた品川駅のエキナカのパン屋さん「満」で買った、
湘南バゲット。

ちょうどよいやわらかさ、しっとりさで、とても美味しい。
しっかりかむと、じわりとやさしい甘さが口中に広がるしあわせ。

Posted by コバシ at 08時01分   パーマリンク

2009年07月08日(水)

COFFEA EXLIBRIS [おいしいご飯&カフェ]

画像(400x299)・拡大画像(639x479)

日曜日に下北沢で立ち寄ったカフェのことを書こうと思う。
「COFFEA EXLIBRIS」
というとても小さなカフェだ。

おどろいたのは、コーヒーのうまさ。
「セルトン」というブラジルを頼んだのだけど、これが激ウマだった。
ほどよい苦みに、いろいろな種類の甘みが重なりあった深い味わい。

フレンチプレスという入れ方もいいのかもしれない。
ぼくはどちらかというとフレンチプレスは否定的(濁った感じが苦手)だったのだけど、
ここのコーヒーは本当に美味い。
しかも、たっぷり2杯分運ばれてくるので、ゆっくり楽しめる。


初めて堀口コーヒーで飲んだときみたいな衝撃をひさびさに受けたぼくは、
ついついいつもの2倍近いコーヒー豆を買って帰ってしまった。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

手書きのパッケージもかわいくていい感じ。

あとで家に帰ってから調べたら、この店はもともと有名だった下北沢のカフェ「ミケネコ舍」の方がごく最近始めた店だという。
意外や意外。
店の雰囲気が以前に見聞きしていたミケネコ舎のイメージとはあまりに違うからね。
いや多分こっちの店のほうが好きだけど。

いい店見つけた。


Posted by コバシ at 09時19分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.