きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

9

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年09月08日(木)

残念、きょうは仕事だ [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

通勤途中、駅前でおもしろいポスターを発見する。
発見というか、そこらじゅうに貼ってあったポスター。

あの「喜納昌吉」が来るらしい。
彼のことだから、きっとただの演説ではすまないはず。
観たかったなぁ…

それにしても、このポスター、
ちょっとやばくないですか?

Posted by コバシ at 09時00分   パーマリンク

2005年09月07日(水)

風がざわざわと [きょうのできごと]

結局台風は来なかった。
いや、正確にはちょっとずれて通過していった。

九州なんかはおそろしいことになっていたらしい。
これもテレビで見る。
大変だなぁーと思うけど、実感がない。
いつものことだ。
きっとこの人たちもそうだったんだろう。

でも残った台風の影響で、
今日は朝から風が強い。
ここ最近、ジメジメとしていた毎日に比べると、
ものすごく気持ちいい。
いま、自分が感じるのは、
そのうれしさだったりする。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 20時00分   パーマリンク

2005年09月06日(火)

なんだかなぁ… [きょうのできごと]

もともと物事をイージーに考えるポジティブな性格のせいか、
ずばっと切り捨てたいことが山ほどある。
それができるような環境にいるときにはいいのだけど
(まぁたいていは勢いよく壁にぶち当たるのだけど)、
そうでない時はなかなかはけ口がなくて困る。

なので酒を飲んだときに、
どばっと出てしまったりして。
日常をセーブしていればしているほどに、
酒が入るとビッグマウスになってしまう。

やれやれ。
今日はそんな感じだった。

たぶん何を言ったのかも覚えていないんだろう。

まあいいや。
眠すぎるから、今日は寝よう。

Posted by コバシ at 23時00分   パーマリンク

2005年09月05日(月)

大変なことになっていたのね [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

昨夜の雨はずいぶんと降るなぁと思っていたら、
朝の新聞を見てびっくり。
なんてこったい!
ここはどこ?
というすさまじい光景。

同じ東京に住むものとしてこれは驚きでした。

何度か書いたけど、幸いにもわが家は高台なので、浸水の心配はたぶんこれまでもこれからもないと思う。
でもやっぱり土砂崩れだけは心配だ。

台風、大丈夫かなぁ。

Posted by コバシ at 23時58分   パーマリンク

2005年09月04日(日)

素直に観よう 「いま、会いにゆきます」 [映画の時間]

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

ちょっと前にテレビでちょっとくだらない番組をやっていて
(女子アナが「いま、会いにゆきます」をだらだら語る)、テレビ版のストーリーの大枠を知った。
そして、「あ、ちょっと見たいかも」と思う。単純すぎ。

でもテレビ版を今から追っかけで見るのもあれなんで、映画版のDVDを借りて見ることにした。


ちょっと中村獅童が気持ち悪かったけど、
そこがまたよかった。
そして、竹内結子もよかった。
きれいな人だ(映像の中で美しかった)し、
地に足が着いている、というか、しっかりとしていた。
あんまり知らなかったけど、この人いいなぁと思う。

たぶん、評論家のような人がこまかく見ると、
いろいろとつっこみどころ満載なんだろうけど、
でも僕はそんなに違和感なく見ることができたし、
むしろていねいに作られた作品だなぁと思った
(脳の中の化学物質ががでたらめに分泌されるようになった…という説明はちょっと笑ったけど)。

それはたぶん、テレビ版のストーリーや予告編なんかで聞いていた、
「死んだ妻が戻ってきてからの奇跡の〜」というところよりも、
出会ってからいままでのこと、
そしてどんなことがあっても、人を深く愛すること、
という部分が中心だったからなんじゃないかと思う。
奇跡はそのことを語る上での、一つのエピソードに過ぎなかったり。
観終わってはじめて、純愛映画という意味がやっとわかった、そんな感じだった。


それにしても、自分は単純だなぁと思う。
やっぱり分かりやすいものを見てふつうに感動して、
いいなぁと思ってしまう。
もちろん、全部が全部じゃないにしても。
それでも、そんな自分がさほど嫌いじゃない。
ま、いっか。

Posted by コバシ at 15時49分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.