きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

11

2005


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年11月10日(木)

帰省 [きょうのできごと]

年末年始の帰省―もうそんなことを考えないといけない時期になった。
ぼやぼやしていると航空チケットはあっという間になくなってしまうし、
ただでさえ高い航空券。
少しでも安いものを買っておきたい。

噂に聞いていたスカイマークの沖縄便が使えるのでは?
と思っていたけど、甘かった
夏季限定だったらしく、もう終わっている。

でも探してみると、今年はJAL/ANAの元旦限定のキャンペーン料金があった。
もともとは例年やっているはずなんだけど、
なぜか去年だけは両社足並み揃えてやってなくて、
困ったことを思い出す。
でも今年は復活、やはり半額以下なのは助かるなぁ。


ということで、今年は元旦に帰省します。
帰り(東京への往路)の便は…これから考えよう。

Posted by コバシ at 22時00分   パーマリンク

2005年11月09日(水)

ジョゼと虎と魚たち [こんな本読んでみた]

画像(129x180)・拡大画像(461x639)

映画の原作になった、田辺聖子の原作本を読み終える。
9つの作品からなる短編集。
「お茶が熱くて飲めません」「男たちはマフィンが嫌い」とか、タイトルがたまらない感じ。

どの作品も主人公は女性。
ジョゼ〜以外は、
働いている女性と男性の微妙な関係性を
女性たちの内側から描いている。

軽〜くさらさらと流れていく、
どこか拍子抜けするような文章には、
ちょっと古めかしい雰囲気と、
その古めかしい言葉で語られる
ちょっとエロチックなシーンが
独特の空気を作っていて新鮮だった。

ふだんあまり関西弁になじみがない僕にとっては、
小説のなかで使われる関西弁がものめずらしく、
言葉の持つ響きも楽しい。

もう少し、この人の本を読んでみたい。

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち


Posted by コバシ at 23時53分   パーマリンク

2005年11月08日(火)

ネオ屋台村 [きょうのできごと]

大手町のサンケイビルの前には、
お昼どき、お弁当屋さんのワゴンが集まって、
ちょっとした屋台のようになる。
ネオ屋台村
というらしい。
ほとんどは、その場であったかいものを詰めてくれるで、
僕はけっこう気に入っている。
まあ、別に大手町で働いているわけではないので、
行くついでがあれば、という話だけど。


写真は先週、大手町へ行ったときに食べたお弁当。
沖縄の家庭料理のおかずを3種類選べる、というもの。
ぜんぜん味付けも違う料理を豪快にゴハンにのっけた、
まさにチャンプルーなお弁当だ。
今回は、タコライス、ラフテー、クーブイリチーにしてみた。
一番地味なクーブイリチーが、一番美味しかったよ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 00時42分   パーマリンク

2005年11月07日(月)

コーヒーは呼吸している [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

土曜日に買ったコーヒーの袋がパンパンにふくらんでいる。
このお店は、その場で焙煎してくれたものを
すぐに真空パックにしてくれる。
それでも、コーヒーが発するガスで、
1日も経つとこんな状態になる。
いまにもはちきれそうだ。

僕は、「よし!」と構えてこの袋を開けた瞬間の
ものすごいコーヒーのよい香りが楽しみだったりする。

Posted by コバシ at 00時45分   パーマリンク

2005年11月06日(日)

ジョゼ虎のDVDが届いた [きょうのできごと]

注文していたDVDが届く。
発売されてからだいぶ時間が経っていることもあって、
すでに品切れになっている特別版がどうしてもほしくて、
中古品を探していた。
やっと手ごろな値段で、
それも未開封品が手に入って喜ぶ(それでも当時の新品よりは少し高いけど)。

脚本の渡辺あやさんが作ったショートムービー、
メイキング、未使用シーンや、
くるりのテーマ曲のビデオクリップも入っている。
くるりのテーマ曲「ハイウェイ」ってやっぱりいい曲やな〜
と思いながらビデオを見たり、
未使用シーンを観て「確かにこれはなくてよかったかも」と頷いていたりした。

でも一番おかしかったのは、
監督が作った予告編映像がかなりいまいちだったこと。
あの予告編じゃあ観たくならないよ…と思っていたら、
それはボツになったらしい。
よい映画を作ることとよいCMを作るとは別なんだろうな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 17時56分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.