きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

11

2005


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年11月12日(土)

世田谷ものづくり学校へ [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

IDEEが手がけている、
廃校になった中学校をモノづくりのコミュニティに変えるプロジェクト「世田谷ものづくり学校」を見に行く。
三軒茶屋と池尻大橋のちょうど間くらい、ということで、
渋谷から久しぶりにバスで移動する。
バスの窓から見る渋谷の景色はちょっと新鮮だ。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

秋を感じるたくさんの落ち葉

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

農業祭をやっていた

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

こういう公園っていい


途中、バス停から公園を通り抜けて歩いてゆく。
広々とした公園では農業祭をやっている横で、
親子がキャッチボールをしていたり、
ベンチでまったりしている人たちがいる。
風が強く、少し肌寒いけどなんだかその光景はちょっと暖かい。
こういうちょっとゆとりのある街の雰囲気はいいなぁと思う。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

そして、その学校は本当に学校にあった。
ふつうの学校の門をくぐる。
見た目は本当に学校そのもの。
でも、中身は違う。
数年ぶりに訪れる学校という場所に懐かしさを感じつつ、
3階まである中をぐるっと見て回る。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

ワークショップを行っているところやミニギャラリー、
スイーツの厨房、それにふつうの会社のオフィスが入っている教室……
ワークショップの教室からは楽しそうなにぎやかな声が、
厨房からはいい匂いが漂う。
ちょっと不思議な感じがする。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

お腹がすいたら、カフェ「GO SLOW」で一休み。
今日はチキンカレーをいただいた。
しゃきっとした野菜と、ごろごろのチキンが美味しいシンプルなカレー。
カフェももちろん教室を改装したもので、
あまり広くはないけどどこかホッと落ち着く空間。
窓の外を見ていると、ここがどこであるかを忘れてしまいそう。

世田谷ものづくり学校とは関係ないけど、
世田谷、モノづくりというキーワードで僕が思い出すのは、
「グループ・おりじ」という集団のこと。
主宰者の宮脇チーフが、世田谷の小中学生の子どもたちを集めて、
家を建てたり、水陸両用車を作ったり、
サバイバル合宿のようなことをしたりしていたグループだ。
80年代、彼らの活動期録をまとめたものが本になっていて、
それを読むのが子どもの頃大好きだったことを思い出す。

大人でも子どもでも、やっぱりモノづくりに熱い情熱を燃やしている人って好きだ。
世田谷ものづくり学校へ行って、
自分もまた何かモノを作りたくなってきた。

Posted by コバシ at 18時23分   パーマリンク

2005年11月11日(金)

たっぷりと楽しいときを [きょうのできごと]

ちょっと懐かしい代々木時代の仕事仲間たちと会う。
とは言っても、ほぼ総入れ替えに近いメンバー変更があったので
僕の中では第3期と呼んでいる中の4人だ。

まずは代ゼミ横の中華料理屋 精華に行く。
この辺は駅近でもいかにも代々木っぽい店が多い。
すぐ並びにはド迫力の洋食屋ポパイがあるし、
少し歩けば大学名の定食屋しょうが亭もある。

僕はこの店の名物の1つ、かに玉丼を食べた。
卵は素晴らしくふわふわで、
そこら辺のオムライス屋よりも上出来。
気がつくとあっという間に空腹が満たされていく。

お腹がいっぱいになったところで、
これまた代々木の隠れた名店(?)
ゆうとぴあんへなだれ込む。
ここは酒の種類が多く、
手作りの料理が安くて美味しいのだけど、
この日は明らかにみんな満腹状態。
しぶしぶ、軽めのおつまみをつまみ、
そのかわりどっぷりと酒を楽しむ。


1年ぶりくらいに会うみんなは、元気そうだった。
ここ1年でそれぞれ環境は大きく変わったはずだけど、
そんな様子はあまり感じられない。
今のいつもの生活とは違った空気が流れていて、
その感覚がなんだかすごく懐かしい。

短いけれど、あったかくてうれしい、楽しい夜でした。
ありがとう。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 01時41分   パーマリンク

2005年11月10日(木)

帰省 [きょうのできごと]

年末年始の帰省―もうそんなことを考えないといけない時期になった。
ぼやぼやしていると航空チケットはあっという間になくなってしまうし、
ただでさえ高い航空券。
少しでも安いものを買っておきたい。

噂に聞いていたスカイマークの沖縄便が使えるのでは?
と思っていたけど、甘かった
夏季限定だったらしく、もう終わっている。

でも探してみると、今年はJAL/ANAの元旦限定のキャンペーン料金があった。
もともとは例年やっているはずなんだけど、
なぜか去年だけは両社足並み揃えてやってなくて、
困ったことを思い出す。
でも今年は復活、やはり半額以下なのは助かるなぁ。


ということで、今年は元旦に帰省します。
帰り(東京への往路)の便は…これから考えよう。

Posted by コバシ at 22時00分   パーマリンク

2005年11月09日(水)

ジョゼと虎と魚たち [こんな本読んでみた]

画像(129x180)・拡大画像(461x639)

映画の原作になった、田辺聖子の原作本を読み終える。
9つの作品からなる短編集。
「お茶が熱くて飲めません」「男たちはマフィンが嫌い」とか、タイトルがたまらない感じ。

どの作品も主人公は女性。
ジョゼ〜以外は、
働いている女性と男性の微妙な関係性を
女性たちの内側から描いている。

軽〜くさらさらと流れていく、
どこか拍子抜けするような文章には、
ちょっと古めかしい雰囲気と、
その古めかしい言葉で語られる
ちょっとエロチックなシーンが
独特の空気を作っていて新鮮だった。

ふだんあまり関西弁になじみがない僕にとっては、
小説のなかで使われる関西弁がものめずらしく、
言葉の持つ響きも楽しい。

もう少し、この人の本を読んでみたい。

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち


Posted by コバシ at 23時53分   パーマリンク

2005年11月08日(火)

ネオ屋台村 [きょうのできごと]

大手町のサンケイビルの前には、
お昼どき、お弁当屋さんのワゴンが集まって、
ちょっとした屋台のようになる。
ネオ屋台村
というらしい。
ほとんどは、その場であったかいものを詰めてくれるで、
僕はけっこう気に入っている。
まあ、別に大手町で働いているわけではないので、
行くついでがあれば、という話だけど。


写真は先週、大手町へ行ったときに食べたお弁当。
沖縄の家庭料理のおかずを3種類選べる、というもの。
ぜんぜん味付けも違う料理を豪快にゴハンにのっけた、
まさにチャンプルーなお弁当だ。
今回は、タコライス、ラフテー、クーブイリチーにしてみた。
一番地味なクーブイリチーが、一番美味しかったよ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 00時42分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.