きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

11

2005


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年11月18日(金)

まっすぐに歩く道 [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

「12月中旬並みの寒さです」
とテレビが伝える。
外に出ると、確かにすぐに手が痛くなってくる寒さだった。
もう冬だなぁと思う。

どんなに季節が変わっても、
今日もいつもと変わらない道を
まっすぐにとぽとぽと歩いてゆく。


あ、明日はお休みだ。
そう思うと、いつもよりも少しだけ早歩きになった。

Posted by コバシ at 18時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年11月17日(木)

今週は忙しい… [きょうのできごと]

コンビニで緑のたぬきを買ってエレベーターに乗る。
乗った瞬間に、
赤いきつねにしておけばよかったなぁと思う。
それぐらいの余裕しかない今日この頃。
(なんのこっちゃ)

にしても忙しすぎです。今週までは。

Posted by コバシ at 01時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年11月16日(水)

UA/この坂道の途中で [きょうのできごと]

空中庭園の主題歌だったUAのこの曲が気に入っている。
長い曲なのに歌は短くて、
だるくてざくざくとしたギターの音が心地いいシンプルな曲。
ただでさえ音楽を聴く頻度が下がり、
たまに聴く音楽は緩いものばかりだから、
歪んだギターの音をたまに聴くのも新鮮だったりする。
UAの歌い声もあまり癖がなく、素直で力強い。
繰り返される単調なフレーズが頭の中でぐるぐると回り続ける。
リピートにして10回くらい聴きたい。

彼女はアンデルセンの影を置き忘れた男の話をモチーフ
にしているらしいのだけど、
それが空中庭園にもはまっている。
この曲を聴くたびに、あのどこかにある
郊外のニュータウンと周囲の緑の田園風景が目に浮かぶ。
そして、またいつもと変わらずバスに乗る空虚な家族の姿が思い出されるのだ。

Nephews

Nephews

サントラは残念ながら発売中止になってしまったらしいので、僕はアルバム「Nephews」を買った。
フレシネのCMでUAが歌っていた「A Felicidade」も入っていたり、UAがコラボレーションした作品を集めたものだそうだ。

Posted by コバシ at 18時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年11月15日(火)

シングルタスク [きょうのできごと]

僕は同時並行的にいろんなことをやるのが苦手だ。

あれもこれもやらなくちゃ、と頭で分かっていても、
なかなか並行してうまく進められない。
集中力がないからか?忘れっぽいからか?
それとも単に頭がよくないからか?
あるいは進め方が悪いのかもしれない。
よくわらかない。
けど、とにかくシングルタスクな人間だなと思う。
昔のコンピュータと一緒だね。

そのわりに、テレビを見ながら新聞を読んだり、
メールを書いたりする。
でもどっちも中途半端。


似非マルチタスクでもいいから
同時に物事をうまく進められるようにはなりたいなと思う。

Posted by コバシ at 10時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年11月14日(月)

コートを出して [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

ついにコートを引っ張り出して会社へ向かう。
今年初のコートだ。
おいおい、まだ秋のはずだぜとか思いつつ、
風を切って歩く。

それにしても、ちょっと寒すぎじゃないですか。

Posted by コバシ at 22時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.