きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

12

2005


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2005年12月05日(月)

冬の青い空 [きょうのできごと]

小学生が、
「あー、手が凍りそう」
って叫びながら走っていった。

ほんとにそうだ。
こんなに晴れているのに
めちゃめちゃ手が痛いよ。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 09時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年12月04日(日)

シショー [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(405x540)

わが師匠(と勝手に呼んでいる人)と新宿で酒を飲む。
もう3年ほどの付き合いになる。
当時バイトをしていた職場で出会って以来、
年に数回、こうやって会っている。
そうそう、フリーペーパーにも参加してもらったんだった。
vol.8の付録を作った人、といえばわかるだろうか。

鶏鍋をつつき、酒を飲み、
お互いの近況を話し合う。
最近は、氏は某フリーペーパーに関わったり、ウェブサイトのデザインをしているらしい。
相変わらず忙しそうだ。


いろんなことを教えてもらい、語りあい、議論したなぁと思う。
紙のこと、デザインに関すること、ウェブやインターネットの未来について、
仕事や職業に対する考え方、モノゴトに対する考え方…
いつも答えは明快で、シンプルで、力強く、頼もしい。
僕はきっとたくさんの影響を受けてきたんだと思う。


シショー、今度、ぜひ京都と温泉行きましょう。
それから、いつか絶対にいっしょに仕事をしましょう。
それもぐっとおもしろいことを。

Posted by コバシ at 22時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年12月03日(土)

時を忘れて [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

深夜に読み始めたマンガ「NANA」にはまる。
この間、中島美嘉と宮崎あおいの映画が話題にもなっていた、あのNANAだ。

めまぐるしく進むストーリーに引き込まれて、
気がつけば5時間ぶっ続けで一気に13巻まで読み終えてしまった。
なにやってんだ>オレ


内容はぜんぜん違うけど、
その昔、バナナフィッシュという少女マンガにはまったときの感覚に似ている。
少女マンガ独特のヒューマンな部分の描写は
男のマンガにはなかなかないところだと思う。
それがどんなに妄想的な話であったとしても…


気がつくと時計は夜というよりも朝の時間を指して、
窓の外が少しずつ明るくなっていく。
早く次の巻が読みたいなぁと思いつつ、
とりあえず布団にもぐりこむ。

Posted by コバシ at 04時10分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年12月02日(金)

落ち葉と [きょうのできごと]

昨日から12月になった。
ということは、もう秋ではなく、
冬になったんだろう。
赤や黄色に染まった葉っぱが地面に落ちて、
じょじょに枯れていく。

そういえば、僕がまだ沖縄にいたころ、
テレビでもみじ狩りや紅葉ツアーのニュースを見て
驚いたことを思い出す。
でも、実際に東京へ来て、
目の前にある公園の木々の紅葉を見るだけでも
確かにきれいだなぁと思い、
そして当たり前のように過ぎる季節を
確かに感じられるのだ。

そっか、四季を感じるとはこんなシンプルなことなんだ。
と、20数年も経って気がつくとことがある。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 19時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2005年12月01日(木)

届かない手紙 [きょうのできごと]

もう2年近く会っていない人に書いた手紙が戻ってきた。
戻ってくるのは分かっていた。
そのあて先は、その人が当時住んでいた大学の寮で、
僕はその住所しかしらず、
大学を卒業した後の住所も、
実家の住所も知らぬまま、連絡が途絶えてしまっていた。

大学を出てしばらくしたら海外に行く、
と言っていたから、もう行ってしまったのだろうか。
携帯もメールも届かない。

それでも、
もしかすると大学の寮の人がその後の住所を知っていて
転送してくれるかもしれない、とか
郵便局の転送サービス(1年間)は過ぎているけど、
郵便配達の人が気を利かせてそのまま転送してくれるかもしれない、
とか、そんな薄くて淡い希望を抱きつつ、
手紙を書いてみたのだった。

もしかするともう一生会えないかもしれないなぁ…
と思うと残念に思う。
こういうとき、人はどうするのだろう。
あ、そっか、
そのために「あの人に逢いたい」みたいなテレビ番組があり、
時々ポストに投げ込まれるような探偵事務所があるのか。
初めて、そんな自分とは関係のないと思っていたものの存在を認識してみたりした。


…まあいいや。
あせることはない。
時期が来れば、そのうち機会はあるかもしれないよ。
そう思って、今日はその手紙をしまっておくことにした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 23時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.