きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

1

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年01月21日(土)

窓を開けると雪国 [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

朝、異常に寒いなぁと思いつつ、
テレビをつける。
「首都圏は大雪で…」という言葉に驚き窓を
あけると、すごいことになっていた。

今年の冬は激しく寒く、全国各地大雪で大変なことになっていたけれど、
なかなか東京では雪にならなかった。

それが、ついに来た。

窓を少し開けて降り続き雪と傘を持って慎重に歩く
人の姿を眺めつつ、
どうやって家の前の急坂下ろうかと考えている。

Posted by コバシ at 15時12分   パーマリンク

2006年01月20日(金)

楽して食べよう、たまには煮物(メシのおかずに) [男のお手軽料理]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

一人暮らしはやっぱり栄養が偏る。
外食だとついつい洋食や揚げ物が増えるし、
弁当もワンパターンになりがち。
そう思うと、とたんに食べたくなるのが煮物だったりする。
でも、近頃は料理をする暇があまりないな…

というときは、やっぱり冷凍食品を使うと楽だよね。
ここで言っているのは、出来合いのおかずの冷凍モノではなくて、
下ごしらえがされた食材としての冷凍食品の話。
もちろん本当はちゃんと皮付きの野菜を買ってきてやりたいところなんだけど、ね。


ということで、市販の煮物用根野菜を使って、さっと煮物を作ることにした。
さといも、レンコン、にんじん、しいたけなどなどが入っているので、基本は筑前煮の作り方でいこう。

ただ、今回はひき肉を使ってしまおう。
ひき肉を使うと火を通す時間が短くて済むし、
ちょっと濃い目に味をつければ、ご飯のうえにどばっとのせて豪快に食べられる。


まずひき肉をごま油で炒める。
適当に火が通ったら、根野菜を加えてさらに炒める。
あとは蓋をしてダシと酒でしばらく煮込んで、
味付けにしょうゆ、砂糖、みりんでOK。


これだけで、めちゃめちゃご飯が進む、
安くて美味しい、いいおかずに。
しかも、ここまで一切包丁もまな板も使っていない。
忙しいときにはこれはいいかも。

Posted by コバシ at 22時00分   パーマリンク

2006年01月19日(木)

suicaで初のお買い物 [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

JRの定期券として使っているsuicaで、
初めて買い物をした。
とは言っても、自動販売機でペットボトルのお茶を1本買っただけだけど。

買いたいもののボタンを押して、suicaの入った財布をピッとかざす。
すると、すぐにゴトンと飲み物が出てきた。
な、なんて便利なんだ。

いつも電車に乗るときに使っているとはいえ、
実際にこうやってお金の代りに使えて、モノが出てくるものを目の当たりにすると、
その昔見た近未来の予想図のようなものを思い出してちょっと感動する。

出てきたお茶はなぜかやたらとぬるかったけれど、
そんなことがどうでもいいくらいにしばらく販売機を眺めてしまっていた。

Posted by コバシ at 21時46分   パーマリンク

2006年01月18日(水)

早く帰れるいいこと [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

仕事の締め切りが終わり、今日は早めに帰る。
よし、きょうはいけるぞ、と意気込み、
電車に乗り込む。
行った先は駅前の地下食品街。
魚屋、肉屋、魚屋、惣菜屋など、
いろいろ入って便利なとこなんだけど、
これが夜8時までという、デパート並みに閉店が早い。

魚屋の寿司、肉屋のコロッケなどの誘惑を振り切り、
たごさくのおこわのお弁当を買う。
根野菜の煮物や魚の煮付け、肉団子、てんぷらなどなど、
たっぷりの和惣菜とおこわがバランスよく入っている。
近所の弁当屋ではなかなかないメニューだし、
閉店前だと半額になったりするので、
とっても満足。
これぞ、ささやかな幸せ。

Posted by コバシ at 20時56分   パーマリンク

2006年01月17日(火)

東京駅・丸の内・八重洲 [きょうのできごと]

東京駅は、おそらく地方から出てきた人にとって東京の象徴的な場所だと思う。
だって駅の名前が東京だし(超単純)、
あの赤レンガの駅舎はみんな知っているから。

それでも、僕のような暮らしの人にとっては、普段実際に行く機会は意外と少ない。
どっちかというと新宿や池袋、渋谷などの西東京のほうがずっと馴染みがある。

だから東京駅周辺というと、どうしても超高層ビルが立ち並ぶオフィス街、
というイメージがあって苦手だった(八重洲ブックセンターは好きだけど)。

でも最近、仕事がらみでちょくちょく東京駅周辺に行くと、
八重洲の裏通りや、丸の内の地下街とか、
意外と古くさくて小汚かったりすることに気がつくようになった。
なんだ、歩いてみるとなんてことはない。
時間がもっとあれば楽しもうっと。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

しかし、今日仕事の用で行ったオアゾはすごかった。
大きな吹き抜けがさーっと広がり、ガラス越しに柔らかくなった光がたっぷり入ってくる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

中に入っている丸善もいいなぁ。
八重洲ブックセンターのちょっと薄暗くて古くてモダンな
作りも好きだけど、
ピカピカで重厚感のある丸善の雰囲気も気に入った。
今度は休みの日にでもゆっくりいこうっか。

Posted by コバシ at 21時38分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.