きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

2

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年02月28日(火)

「ゆうとぴあん」で打ち合わせ [きょうのできごと]

今週末のスキー合宿(?)の打ち合わせを兼ねつつ、
代々木のゆうとぴあんへ。
なんとか締め切りに追われている仕事に区切りをつけ、
僕が到着したのは9時過ぎ。
すでにあらかた空になったお皿を恨めしくのぞいて、
ビールを飲みながら、
集合場所やら持ち物やらを確認。

格安ツアーだけに、一応みんなの不安を煽っておく。
後で責められても困るしね(んなことするようなメンツでもないとは思うけど)。

さて、と。
週末までもうひとがんばりだ。

Posted by コバシ at 23時00分   パーマリンク

2006年02月27日(月)

箱根・渡辺ベーカリーのパン [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

朝ごはんに箱根で買った
渡辺(渡邊)ベーカリーのパンを食べる。

泊まったところから歩いて5分くらいのところにあった
この小さなパン屋さん、なんと
100年以上も前にできたパン屋さんらしい。
その場で食べるシチューパンが有名らしいけど、
普通のシンプルなパンもすごく美味しかった。

ほんわりあまーい温泉パン。
しっかりと食べ応えのあるライ麦ブレッド。

そうそうは行けないけど、今度もし箱根に行ったら
また立ち寄りたいなあと思うお店。

Posted by コバシ at 08時48分   パーマリンク

2006年02月26日(日)

ちいさな旅へ(2日目) [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

昨日は結局、周辺の散策(小涌谷から旅館、さらに下っていくと宮ノ下温泉だった)と温泉、
それに部屋で過ごした。
宮ノ下温泉街で富士屋ホテルに驚き、
渡邊ベーカリーでパンを買い、
途中の写真館でジョンレノンとオノヨーコの写真を眺める。

夜は白熱した大富豪のせいか、それとも単に酒を飲みすぎたのか、
強烈な頭痛のままふとんの中へ。


そして朝、目が覚めると外は大雨だった…

唖然としつつもとりあえず風呂に向かった僕らは、
そのときあまりにノープランなことに気がついた。

結局、この日は旅館のまん前にあるバス停からバスに乗り、
小田原まで行った。
彫刻の森も、庭園の美しい美術館も、
み〜んな大雨では行くだけでも厳しいところばかりだった。
残念。

とりあえず行ってみようと向かった小田原までの道は
大渋滞、小田原は小田原でどこに行くかが決まらず、
ご飯を食べて帰ったんだけど、
最後にお昼を食べた「ふじ丸」は大あたりだった。
味が染みた金目と大根の煮付け、五穀米、エビ、刺身。
魚が旨い。しかも安い。

そんなわけで、目的志向ではないちいさな2日間の旅は終わった。
短い間でも、普段会わない人たちと行動をして、
同じ部屋で寝る…ただそれだけのことでも
非日常的に感じられて、いいリフレッシュになったと思う。

そうこういっているうちに、さて、来週はスキーだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 16時09分   パーマリンク

2006年02月25日(土)

ちいさな旅へ(箱根1日目) [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

大学時代の小さなサークル仲間5人で行く
小さな箱根旅行の初日。
遅れてきた僕が新宿駅に到着したところで、
ロマンスカーに乗り込む。
手には小さな旅行バッグと、缶ビール。
お昼ごはんは車内で調達しよう。

1年ぶりに大阪から帰ってきたY氏、
人が辞めて仕事が多忙を極めているらしいK氏、
ブランクの後に専門学校へ通っていて春休みという学生の特権がうらやましいS氏、
いい加減にそろそろ仕事きめよーぜという気もするもう1人のY氏。
それに家のこともままならないままに旅に来てしまった
僕。
多摩川を越えると景色はどんどん物寂しい冬の田畑に変わりながら、徐々に山へ向かっていく。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

車内で買った寿司をつまみに、ビールをたっぷり飲んで気持ちよくなった僕らは、
終点・箱根湯本から登山鉄道で小涌谷へ。
初めて乗った登山鉄道は、朝の山手線のごとくパンパンに人を乗せて、
きつい山道を登っていく。

スイッチバックという聞き慣れない言葉がアナウンスで流れると、
突然電車の進行方向が変わる。
きつい斜面を登るためにじぐざぐに進んでいくらしい。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

小涌谷の駅は、小さな駅だった。
今日お世話になる宿は、四季倶楽部のヴィラ80という、
駅から5分ほどのかなりキレイで格安な旅館。

もうちょっとボロイくらいのほうが僕らにはぴったりだったね、
なんて贅沢な悩みが聞こえてきたくらいだ。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日はここで、ゆったりたっぷり温泉につかって、
まったりやろう。
大きな窓の外は渓谷というすばらしい大浴場でぼーっとしたら、
部屋では小学生の頃流行ったという懐かしのコインサッカー、
10年ぶりくらいにやるババ抜き、大富豪といったゲームが始まった。
もちろん、手には箱根山(日本酒)。
今日の夜は長いのだろうか。

Posted by コバシ at 15時34分   パーマリンク

2006年02月24日(金)

ちゃりん [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ずらりと並んだこれ、ぜんぶ貯金箱。
ほとんどはもらいもの、でも右端のヘンな機械みたいな
箱だけ、最近買ったおもちゃの貯金箱。

そいつはパーソナルATMっていって、
なんと入れた金額が分かるという優れもの。
合計金額も分かるし、必要なときには暗証番号を入れれば降ろせるのだ。
…とはいっても、ときどきお金の判定を間違えるし、
あまり実用性はないんだけど、
貯金箱がいっぱいになってきたのでまぁいっかなぁ
と思っている。

しかし、さて、この子たちがみんないっぱいになったら、
その後どうしよっか。
貯金箱に入れたお金ってどうしてますか?

Posted by コバシ at 08時49分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.