きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

3

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年03月09日(木)

数年ぶりに会う

沖縄の地元の子に新宿で会う。
高校のときの部活の後輩にあたる2人は、それぞれ沖縄と神奈川の大学に通っている。
神奈川に住む子は何度か会っているけど、
地元沖縄の子に会うのは何年ぶりだろう。
3年ぶり?5年ぶり?
それも思い出せないくらいに前のことになっている。

ちっとも変わっていない(見た目と振る舞いのところね)2人と話していると、懐かしい。
高校のころ、この2人が初めて部室を訪れたこととか、
初試合のこととかね。
もうだいぶ記憶は薄れているし、時間を巻き戻すことは難しいのだけど、
なんだかうれしかった。

そんな2人もこの春、大学を卒業するとのこと。
それぞれの道は決まっているようだけど、
これからいろいろと大変だよ。たぶん。

卒業おめでと。

Posted by コバシ at 00時25分   パーマリンク

2006年03月08日(水)

スキーの写真を眺めながら [きょうのできごと]

画像(180x125)・拡大画像(372x259)
画像(127x180)・拡大画像(261x369)

写真があがってきて、この間行ってきたスキーの記憶がまたよみがえる。
まっしろな地面、ずっと遠くまで続く山、視界をさえぎるものがない景色を見ていると、
あの2日間はやっぱり非日常的な時間だったんだなと思う。

旅に出たくなる理由はこんなところにもころがっているんだ。

画像(320x224)・拡大画像(372x261)

壊れるのが恐くてもっていけなかったデジカメでなく、
ポケットに入らないスメナでもなく、
本当に数年ぶりに買ったレンズ付きフィルムで撮った写真。
なぜか何枚か、白く飛んでいるものがあった。
これも楽しい。

Posted by コバシ at 00時21分   パーマリンク

2006年03月07日(火)

野菜をとろう委員会、実践編 [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

お昼はもっぱらサラダを中心に、と決め手から数週間が経って、
コンビニで買えるサラダにはすっかり飽きてきた。
中でもなるべく低カロリーなものを、と考えると、
シーザーやチーズドレッシングは選べないし、
生ハムサラダやらチキンサラダはなるべくご遠慮したいところ。

ということで、今度はスープをメインにしてみた。
少し歩くとスープデリというお店があり
(まったく同名のチェーン店があるけどそれではない)、
そこはそこで美味しいのだけど、
デイリーにコンビニで買うのなら、
サンクスのスープが一番いいと思う。
スープがゼリー状になっていて、レンジで温めると
それが溶け出してスープになるというものだけど、
どれも具がたっぷりで食べ応えがある。
量もちょうどいい。

コーンスープ、ミネストローネ、それにコンソメスープがあるのだけど、僕のオススメはコンソメ。
たっぷりの野菜と少しウィンナーが入っていて、
味もさっぱりしていているし、飽きがこない。
おまけにカロリーも低いし……
なかなかやるぞ、サンクス。

Posted by コバシ at 00時07分   パーマリンク

2006年03月06日(月)

帰ってきた現実は [きょうのできごと]

足を引きずりながら、平然と会社へ向かう。
やはり滑り方を知らないからなんだろう。
カラダは重く、全身にずしりずしりと痛みが響く。
派手に打った腰やお尻も触ると痛いので、
しばらくいたわりながら日常生活を送ることになりそうだ。

そういえば、最近あんまりフィットネスにも行っていない。
う〜ん、来週あたりから仕事が落ち着いたら、
また通うようにしようかな。

Posted by コバシ at 09時49分   パーマリンク

2006年03月05日(日)

しばしの別世界 斑尾スキー2日目 [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

山奥のゲレンデの中にあるホテルなのに、
部屋はなぜかぜんぜん寒くなく、
薄い布団でも快適に朝を迎えた。

冷蔵庫のない部屋だったので、
洗面台に水を溜め、雪を入れて飲み物を冷やした残骸が残っている。
昨夜はかなりどんちゃん騒ぎだったらしい。

ひとり、体調不良を訴えているTさんには休んでもらい、
僕らは再びゲレンデへ。

昨日もたっぷり滑ったんだけど、
じゃあ自分はどうだったのかといえば、ぜんぜんダメ。
1年前に少しだけ掴みかけたスキーの感覚はなかなか思い出せず、
滑るたびに世界が逆さまに見える。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日はその感覚をやっとのことで取り戻しつつ、
何とか中級コースでこけずにノンストップで滑れるように。
僕以外のみんなはもうぜんぜん楽勝のコースなんだけど、
それでも滑れるようになるのってうれしい。
またスキーに行きたいなあって思ったところで、
お帰りの時間に。
Tさんも無事回復したようだ。
渋滞の中、バスは新宿へ向けて走る。

今回の激安ツアーは、予想していたよりもずっとよかった。
ホテルもそれほどひどいものではなかったし、
お風呂も広くて快適だったし、
ご飯も食べられた。
すごい民宿やら旅館を経験しているからだからかな。

ゲレンデは確かに狭かったし、
スノーボーダーが多かったけど、
むしろ僕みたいなへたっぴぃにはちょうどいい。
あと特に気になるのは、時間帯によっては恐ろしくリフトに行列ができることと、
レンタルのウェアがありえないセンス
(最初に借りたものは何と全身真っ赤だった)くらいかしら。

ふだん会わない人たちとすごした非日常的な時間。
さんざんスキー場で繰り返し流れていた
レミオロメンの「粉雪」と「太陽の下で」が
ずーっと頭の中で流れ続ける。
たぶん、このスキーの思い出と一緒に残っていくんだろうなと思う。

Posted by コバシ at 23時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.