きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

7

2006


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年07月26日(水)

じりじりじり [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

写真が白く飛んでしまうような暑さ。
遅い梅雨はそろそろ明けたんだっけ?

セミが鳴いている公園の木々の横を、
額の汗をぬぐいながら抜けていく。

山へ行きたい。

Posted by コバシ at 09時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2006年07月25日(火)

さよなら、豆煎房 [きょうのできごと]

コーヒー豆を買おうと思って、赤羽の豆煎房というコーヒー豆屋さんに向かう。
ここ最近、僕は手近なカルディや江古田のドリームコーヒー、
たまにネットの土居コーヒーで豆を買うようになってしまっていて、
豆煎房に行くのはおおよそ1年ぶりくらいになるだろうか。

いつも、コーヒーの匂いが充満した店内で
だるそうに文庫本を片手にマグカップに入れたコーヒーを飲み、
ときどきタバコをふかす……
そんなおっちゃんの雰囲気が好きで、
家から少し遠いその店に僕は何度か足を運んでいた。

おっちゃんは、僕が注文すると、「よっこいしょ」と腰を持ち上げ、麻袋から生豆を拾い、
焙煎機に火をつけ、豆を入れる。
カラカラと豆が回る音がして、しばらくたつとコーヒーの焼けるよいにおいがしてくる。
「待ってるかい?」とたずねられ、うなずくと
小さなカップに入れたコーヒーを勧めてくれた。

おっちゃんのお店には、大きな換気扇なんてものはなく、
外から見ると火事になったんじゃないかと心配になるほどの煙を店中に充満させる。
いよいよ大丈夫かなと不安になったころに
おっちゃんは火を止め、コーヒー豆をざるにあげる。
そんな光景が大好きだった。


でも、もう、豆煎房はなかった。
かつておっちゃんが居たお店のシャッターには、
むなしく「貸店舗」の貼り紙がはがれかかってついていた。
その様子からして、もうだいぶ前に店を閉めたのだろう。
もっと早く行っていればよかった、と悔やんだ。


いつもエスプレッソ用に深入りの豆を頼むと、
「本当に粉に挽かなくていいの? ミルがベタベタしちゃうよ」
って注意してくれたおっちゃんが懐かしい。

今となっては閉店の理由も知ることもできないけれど、
家に帰って、少し日に焼けた豆煎房のメニューを眺め
確かにそこに豆煎房があったこと、
少し酸味の効いたまろやかな豆煎房ブレンドの味を思い出す。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2006年07月24日(月)

再構築する部屋 [きょうのできごと]

いろんなことがあったから、少し何かを整理しようと思った。
それも、カラダを使って分かりやすいことからはじめようと思った。
そしたら、単純に部屋を片付けようと思いついた。

いらないものを捨てる。
そういえば、ここ3年くらい、
模様替えや大きなものの入れ替えはほとんどしていなかった。
もちろん、今の部屋は居心地がよく、
気に入っているというのはあるけど、
それでもいらないモノが多すぎた。

3年以上着ていない服は捨てた。
7年前のボロボロのタオルは雑巾にした。
「いつか使うかも」と取って置いた2年前の空きダンボールもつぶした。
毎回音とびがひどいCDプレーヤと、
1曲目を必ず再生してくれないCDプレーヤ、
背もたれが壊れたまま放置していたイスも粗大ごみに出した。
気に入っていなくてほとんど使っていない、
フチが欠けた食器もゴミ袋に入れた。

そうやって、1週間くらいかけて部屋を片付け、
でっかいごみ袋6つ分くらいのごみを出したら、
なんだか気持ちもすっきりした。
まともに再生できないCDプレーヤのかわりに買った
新しいプレーヤを置いたら、
ごちゃごちゃだったオーディオまわりも相当すっきりして、
ちゃんといい音で再生される音楽を聴いたら、視界もクリアになった気がした。

部屋が再構築されていくのは、
とても気持ちいい。
あとは、少しずつ、
自分自身も組み立て直していこうと思う。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 15時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2006年07月22日(土)

自分の中で起きていること [きょうのできごと]

「誰も傷つけずに生きたい」って思っているはずなのに、
ときに誰かを深く傷つけてしまう。
しかもそれが、自分が好きな人や愛している人だったりする。
「何がしたいのか分からない」と言われても自分でも分からないよ。
そのたびに僕はある種の病気なんじゃないかとも思う。

ただ、僕に分かるのは、避けたくても避けられないことがあるということ、
そして、そのときの選択はいつもベスト――きっと自分の生き方にあっているんじゃないかということだ。

矛盾しているかもしれない。
でも、頭で考えこむよりも前に、
もっと感覚的に、反射的に、気持ちは大きく動いているから、
それをうまくごまかしたりするのは
不器用な僕にはできないんだもの。

傷つけたことは申し訳ないと心から思う。
だから、僕にいまできることを一生懸命やろうとも思う。


言葉にするために頭で整理して考えようとすると
まだ時間が足りなくてもやもやとしている。
だからいまの僕をとりあえずメモするとしたら、
とりあえずこんな状態です。
※この記事は1ヶ月くらい経って書き加えました。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2006年07月21日(金)

昔嫌いだったもの [きょうのできごと]

大人になると確かにかわるものに、好みがある。
特に食べ物なんかはそうだと思う。

子どものころ、必ず毎回残していたくらいに嫌いだったものも、
大人になるにつれて、だんだん克服していき
いまではたいていは食べれるようになってきた
(まったく克服できないのは納豆ぐらいかな)。
たとえばナスのように、なんでこんなに美味しいものが嫌いだったのだろう?
と疑問に思うものも多い。

食べ物以外もそう。
小説だって、音楽だって、絵だって、写真だって、人だって
自分の中のた思い込みだったものが
ふとちょっとした瞬間に変わるときがあるんだなぁ。

最近そんなことを思うことが、けっこう多いのさ。

Posted by コバシ at 22時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.