きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

10

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年10月25日(水)

夜のピクニック [映画の時間]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

本屋大賞を受賞したという小説の映画版「夜のピクニック」を観に行く。

涙そうそうと同日から公開開始ということもあって、
少し地味な存在ではあったけど、
個人的には、この3ヶ月ほど前に観た「ゴーヤーちゃんぷるー」の多部未華子が主演ということもあって、気になっていた。

全校生徒で80キロをただひたすら歩く名物イベントを舞台に、
甲田貴子と西脇融の2人の微妙な関係を描く。
微妙と書いたのは、実は2人は異母兄弟だから。
でもそのことを隠しながらもお互いを意識せざるをえない二人を、周囲は恋愛関係にあると勘違い。
高校最後の歩行祭が2人の関係を変える最後のチャンスか…
というのが大まかなストーリー。

緑広がる田園風景の中を、真っ白いジャージを着た高校生たちが歩く姿はすがすがしくさわやかで、
青春の王道な感じは逆に新鮮でもあってよかったと思う。
しかも、生徒たちのだれた感じ、イヤイヤ感といった当事者の空気感もうまく描いていた。

でもなんといっても、主演の多部未華子がよかった。
一見無表情で、無愛想でもあり、ずば抜けた演技力というのではないとは思うのだけど、
独特のけだるい雰囲気から時折見せるイキイキとした表情の微妙な変化がとてもいい(ゴーヤーちゃんぷるーでもそうだった)。
彼女の力が、映画のクオリティを一気に高めることに相当貢献していたんじゃないかなと思う。

逆に残念だったのは、途中途中の節々に入っていたCGやアニメを使ったギャグ。
これがたらと派手で、映画の雰囲気をぶち壊しにし、
感情移入させるストーリーの流れを分断しているように感じた。。
監督的には淡々とした歩行シーンの合間に眠くならないように(飽きさせないように)アクセント的にいれたのかもしれないが、正直いってやや目障りだった。

そんなマイナスな面はあったものの、
基本的には僕が好きな人間臭い青春映画がベースであり、
描き出される世界も美しく、
多部未華子の演技もすばらしかったので、
全体としてはなかなかよかったと思う。

あわてて駆け込んで見終わった後の夜の渋谷で、
なぜかほっとしたのはこの映画のおかげだろう。

Posted by コバシ at 07時53分   パーマリンク

2006年10月24日(火)

秋は一瞬 [きょうのできごと]

目が覚めると、ふとんでがくがく震えていた。
もう、冬の気配が確実に近づいている。
海だ山だと叫んでいた夏(どっちも今年は行っていないけど)が過ぎ、
すごしやすく心地よい秋が来たと思っていたら、
十分に楽しむ間もなく、また季節は過ぎ去ろうとしている。
「栗ご飯は食べたか?」
「さんまは焼いたか」(これはOK)
「本は読んだか」「スポーツしたか」
いろいろあれこれ並べてみたけど、
何よりまだ秋の季節そのものを楽しんでいない。

ってことで、今週末は秋を楽しみに行きます。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2006年10月23日(月)

風が吹いたら、雨が降ったら [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

東京にくるまで、
電車ってとにかく正確なものだと思っていたんだ。
バスと違って、絶対に遅れなくて、時間通りにぴったり確実に目的地につける。
それが電車だと思っていた。

でも本当は違う。
僕の乗る埼京線はよく遅れたり、止まったりする。
理由はいろいろ。
今日は、強風のために遅れています、って言っていた。
この間は大雨で止まっていた。
「風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休みで」
って、なんだか何かの歌のようだな。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2006年10月22日(日)

涙そうそう [映画の時間]

だいぶ前から宣伝が気になっていた
妻夫木聡と長澤まさみ主演の映画「涙そうそう」を
ひとり、レイトショウで入った池袋の映画館で観る。

青い海・青い空のきれいな映像。
名曲「涙そうそう」を含む音楽。
妻夫木聡の演技。
長澤まさみもかわいかったし、そのほかのキャストも好きな人が多かった。
いいところはいくつもあったし、
いい映画になりそうな要素はたくさんあったと思う。

沖縄の都市部、那覇のダウンタウンを
舞台のメインにすえたことよかったと思う。
自分の出身地である宜野湾市が出てきたこと
(長澤まさみが一人暮らしをしているアパートの住所になっていた)
に喜んだりもした。

それでも……やっぱり素直に楽しめない映画だった。

「涙ありき」「感動ありき」の都合のいいストーリー。
母がなくなり、妻夫木ことお兄ちゃんがなくなり、
お手軽に人を殺してしまうやるせないほどの安易さ。
気になるところがあまりにも多すぎて、
純粋に楽しむことができなかったのは、
自分の中で沖縄アイデンティティがまだまだ
強く残っているせいもあるのだろうか。
こんなのは沖縄じゃあない、と。
不自然な方言よりも、不自然な設定やストーリー展開のほうがよっぽど気になってしまう。

丸呑みであってはいけない。
うまく作りこもうとしすぎてもいけない。
だから僕は、もし「涙をさそう、感動できる映画は?」と聞かれたら迷わず、
ガリガリにアラアラで下手くそな映画
ニライカナイからの手紙」をオススメすると思う。

Posted by コバシ at 02時43分   パーマリンク

2006年10月21日(土)

近くて遠い世界へ、上野動物園 [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

何年ぶりだろう。
動物園に行ったのなんて。
5年ぶり? 10年ぶり?
思い出そうとしても思い出せないくらいに遠い場所になってしまっていた
動物園に行った。

真っ青な空なのに、もう冬の気配が確実に近づきつつある
上野動物園の中をゆっくりと歩いてみる。
こんな都会の中に、思いがけず広い土地があって、
でもやっぱり狭い檻の中で、数え切れないぐらいの動物たちがいた。そこに。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ちょこまかと動きまわり、一生懸命「風太くん」(ちがうよ)と呼びかけられるレッサーパンダ。
うっとうしがられながら一生懸命オスを追いかけまわすメスライオン(ふつう逆では?)。
それにぶすっとふてくされたような顔をしてじっと動かないハシビロコウ。

これだけいろんな動物を実際に見たのは生まれてはじめてかもなぁ……
なんて思いながら振り返る動物園のゲートの向こうは
なかなか入れそうで入れない、
やっぱりちょっと違った世界に見えて、
「よし、また行くぞ」って心に誓ったのだった。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

おまけ。
全自動でどんどんパンダが製造されていく光景に思わず釘付けになってしまった「パンダ焼き」を公園のすぐ外でゲット。
味も意外と(?)なかなかでした。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 02時43分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.