きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年11月08日(水)

虹の女神 [映画の時間]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

ひとことでいうとじんわり響くとてもよい映画だった。
ここ最近観た3本の邦画の中ではいちばん好きな作品、
ここ1年くらいで見た映画の中でもトップ3に入ると思う。
僕の大好きな岩井俊二がプロデュース、
監督は、去年驚くほど号泣させられた熊澤尚人監督。
主演はリリィシュシュの市原隼人と、上野樹里。
それに上野樹里の妹役で蒼井優も出ている。
上野樹里、とってもいい演技をしていた。
ジョゼ虎の時のイメージと大違いでビックリ。
蒼井優は今回もいい役。ものすごい存在感。


この映画の魅力の1つは、不器用な人間臭さと人に対するやさしさなんだと思う。
大学時代のまぶしいくらいに輝かしい青春の時間と、
そこで生まれた智也(市原隼人)あおい(上野樹里)との淡い微妙な関係。
いつも近くにいながら、距離を持った2人、
気の強いあおいと鈍感な智也とのすれ違い、行き違い。
つながりそうなものがうまくつながらないことが
あまりにももどかしく、はがゆく、せつなく、
決壊したダムのように涙が止まらなくなってしまう。

それから、大学生時代の青春をうまく描いていることも好きなところ。
青春って、中学生や高校生もあるのだけど、
大学時代の青春はまた特別なもの。
周りからみた意味のないことに意味を見いだし、
燃え尽きるまでバカ騒ぎする。
ただ楽しいことだけが唯一許される短い時間って
本当にすばらしい。
特に就職した後、苦戦する智也の大学時代とのギャップが
そのことをさらに浮き立たせてくれる。

もちろん、映像もよかった。
岩井俊二の映画の映像のきれいさって、
僕はLOMOのような、トイカメラ的なきれいさだと思っているんだけど、
その流れを汲んだ熊澤監督の映像も
美しいものをただそのままに美しく描いていた。


今年、大切にしたい映画の1つ。

Posted by コバシ at 00時23分   パーマリンク

2006年11月07日(火)

夕焼けこやけ [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

やわらかなオレンジ色の空。
息抜きに歩く道端でふと顔を上げて見上げて目に入った夕陽が、
なぜか突然じーんと来ることがある。

「よしやるぞ」、という気合の入ったまぶしい朝日もいいけど、
「おつかれさん」とゆっくりとカラダを癒してくれる夕陽が作り出す街の景色が
僕は好きなのかもしれない。

Posted by コバシ at 00時23分   パーマリンク

2006年11月06日(月)

今日はビーフカレー [男のお手軽料理]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

またカレーを作った。
でも今日は久々のビーフカレー。
僕はカレーに入れる肉はチキンが一番、その次はひき肉なので、
お値段もはる牛肉のカレーなんて
本当にめずらしい。

赤ワインに漬け込み、叩いて柔らかくしておいた牛肉を焼く。
後はいつもと一緒。
玉ねぎをじっくりしつこく炒め、にんじんとじゃがいもを入れる。
せっかくの秋なので、きょうはキノコ類も少し加えて、
水とあまった赤ワインでぐつぐつぐつ。
いつもの定番、コスモの粉末状のカレールーを入れたらできあがり。

みずなとレタスとオレンジに調子にのって買ったスモークサーモンのサラダを添えて、
美味しい晩ご飯となりました。

Posted by コバシ at 09時18分   パーマリンク

2006年11月05日(日)

十条散歩 [きょうのできごと]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

夕方から部屋を出て少し歩こうと思い、
いつもは行くことの少ない、十条までゆっくり歩く。

十条は長い商店街がいくつもクロスしあう、
古い街。
僕の住む赤羽も商店街がいくつもあるけど、
もうだいぶ昔からの店が力を失いつつある赤羽以上に
古くからの店が今でも活気をもって商売している
商店街パワーあふれる街だ。

「コロッケ80円、メンチカツ100円」そんな肉屋の前を通り抜け、
「はい、安いよ安いよ。見てってよ」という掛け声の響く魚屋をのぞき、
少し肌寒い道を、ポケットに手を突っ込んで歩く。

そこに住む人たちにとっての当たり前が、
元気にさせてくれる力にあることがある。

商店街は、今日もここで確かに、元気にやってんぞ。

Posted by コバシ at 00時25分   パーマリンク

2006年11月04日(土)

街に、生きる [きょうのできごと]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

乗り間違えた電車を降りて、街を歩く。
雨あがりの夜道は、
街灯が照らす水たまりのせいか少しまぶしい。

いつもは急行に乗って、あっという間に通過してしまう街にも
あたりまえのように人がすんでいて、
お店があって、
会話があって、
くらしがある。

そんなあたりまえに、気がついた、日。

Posted by コバシ at 18時27分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.