きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2006年11月27日(月)

日々はそれでも輝いて [こんな本読んでみた]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

たまたま立ち寄ったブックファーストの写真の棚で山積みになっていた
谷郁雄と佐内正史の本を買う。

詩というにはあまりにも具体的すぎる谷郁雄の言葉と、
佐内正史のやや飛び気味でピントの甘い写真がほどよいバランスで、
何の疲れもなく楽しめるよい本だった。

都会的ではあるのかもしれないけど、
色のある東京の日常を上手に(この上手には技術ではなくて)撮る佐内正史の写真が僕は好きだ。

彼はきっとどこかでまだ人間を信じているし、好きなんだろうと思う。

??¥??????????????§????????????

日々はそれでも輝いて


ちなみに装丁がきれいなこの本、造本もすこし変わっている。
袋とじになった本文用紙が、小学生の頃の手作りの文集のようで懐かしい。
本文の文字組もすべてあえてバラバラに手で配したものだそうだ。

Posted by コバシ at 14時09分   パーマリンク

2006年11月26日(日)

水辺のカナルカフェで [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

少し空いた時間をつぶすつもりで訪れたのが、
飯田橋のカナルカフェ
中央線の窓から見えるこの景色に、
一度は行ってみたいと思っていたのだ。

水辺のウッドデッキに並べられた席は
あいにくの天気と時間帯のせいもあってちょっと寒い。
それでも、がたんごとんと通過していく電車と、
静かな水の表面を見てコーヒーをすすっていると、
今、自分がどこにいるのか忘れてしまいそうな気分になり、
楽しかった。

併設されたレストランでは結婚式の準備をしているようだった。
今度はあったかい日に、レストランで食事をしてみたいな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 13時03分   パーマリンク

2006年11月25日(土)

おいしい水 [モノもの物]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

たまたまテレビで見かけて急にほしくなった
ブリタの浄水ポットを買う。

シンプルな作りのそのポットは、上から水を注ぐだけで
しばらくするとおいしい水が出来上がるという優れもの。
ぴたぴたとゆっくり水が落ちていく様子を眺めているのもけっこう楽しい。

「浄水器なんて大げさな」と思っていた僕もこれには大満足。
できあがった水を飲み比べると、びっくりするほどマイルドで甘い味。
いやはや、こんなに変わるものなんだね……。

さっそくコーヒーをいれ、お米を炊き、
スープでもを作ってみよう。

Posted by コバシ at 14時05分   パーマリンク

2006年11月24日(金)

赤橙緑の宝石たち [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

リンゴ、柿、洋なし、青リンゴ。
色んな人からもらった果物がずらりと並ぶと、
なんだか楽しげなキッチンに。
自分で果物を買うことは滅多にないので、かなり貴重かも。

ふふふ、さて、どれから食べようかな。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2006年11月23日(木)

古民家一軒屋の隠れ家カフェ「dada cafe」 [おいしいご飯&カフェ]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

代々木駅から徒歩3分。
ドコモタワーのすぐ近くの路地裏にある
DADA CAFEへ。
昔、この近辺で働いていたので、代々木は勝手に知り尽くしたつもりになってったのだけど
DADA CAFEの存在を知ったのはごく最近。
事前チェックした情報のなにやらとってもよさそうな雰囲気に
わくわくしながら向かう。

ごくふつうの家っぽい戸を開けたら、中も昔のおうち風。
古い木を使った懐かしい感じがあったかい。
通された席も、もともとは収納家具だったようなのだけど、
これがうまく改造してあって、
まったりくつろげる感じに。
談笑する人たちの影が壁に映り、
縁側からは外の緑が見え、
居心地のカフェになっている。

出てきたお食事もなかなか。
美味しいコーヒーを飲み、
やさしい味のかぼちゃのお汁粉をいただいていたら、
「デザートとお茶を同時にお出しできなかったのでお詫びに」
と店員さんがコーヒーのおかわりを持ってきてくれた。
きちんとお客さんに目が届く範囲だからできる
さりげない心遣いがうれしい。
そしてお土産には、オリジナルのしおりもいただく。

ただのオシャレなカフェを作るのではなくて、
きちんと居心地のいい、そこに居る人が喜ぶ場所を作る。
DADA CAFEはそんな人柄が惨み出ているいいカフェでした。

Posted by コバシ at 14時41分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.