きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

1

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年01月21日(日)

飲みすぎ食べすぎ休養の日 [きょうのできごと]

飲みすぎたらしい。
朝、目が覚めてもまだすっきりとしない頭で
キッチンに立つ。
学生時代のメンツで飲むと、昔と同じペースではダメなんだよって思いながら、
気がついたらついつい勢いあまってしまう。
リラックスしてしまうのだろう。
あと最近あまりお酒を飲んでないからなぁ。


とりあえずパスタでも作って食べよう。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 09時22分   パーマリンク

2007年01月20日(土)

旧友たちと過ごす時間 [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

大学時代の旧友が集う五反田会も3回目。
というよりただの新年会なんだけど、
まあそんな名目はさておき、
夕方の早い時間から、たっぷりの時間を使って
まったりと語るのもいいもんだ。

大学時代とまったく同じメンツで、
同じように居酒屋のテーブルを囲み、
ビールや酒を飲み、料理をつつく。
話題は、時間が経てば「あれ、何の話をしてたんだっけ」という
なんてことのない取り留めのない話ばかりだけど、
こうして変わらず再開できることを喜ぶ。
それでも「○○が結婚するってよ」なんて話も飛び出して、
僕らは確実に歳を重ねているらしい。

こんななんとなく居心地のいい時間が、
これからでも時々持てればいいなぁと願う。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2007年01月19日(金)

イヤホン [きょうのできごと]

新しいケータイにしたら、音楽が聞きたくなった。
実はいままでのケータイでも何度か試しているんだけどね。
なんか使い勝手が悪かったんだけど、
いまならいけそうな気がして。

それで悩んだのはイヤホン。
最近の主流って耳栓みたいなやつ〔カナルタイプ)なんだ。
なんだか飛行機のヘッドホンみたいだなぁと思いながら
電気屋さんで物色。

結局、見た目に惹かれて買ったラディウスのものに。
慣れるまではちょっと違和感があるけど、
ケーブルも短くて快適。

ちなみにもうひとつ、フィリップスのふつうのやつも買ってみた。
こっちの方が音はよいけど耳にフィットせず。

意外に自分の耳がでかいことに気がついた、イヤホン選び。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 22時10分   パーマリンク

2007年01月18日(木)

ほんとうはわかってる [きょうのできごと]

ほんとうはわかってる。
なぜできないのかを。
なぜやらないのかを。

ほんとうはわかってる。
わかってることじたいを。

でもどうしたいいのか、
じぶんがどうしたいのかがわからないだけさ。

Posted by コバシ at 23時53分   パーマリンク

2007年01月16日(火)

だれかのいとしいひと [こんな本読んでみた]

沖縄に帰省しているときに、もう1冊何か読みたくなって買った
文庫本。
なるべく「薄くて軽くてかさばらないものを」と思って手にしたのは、角田光代の短編集だった。

8つのちょっと変わった恋愛小話を収めたこの本は、
僕の「物足りなさ」を埋めるのには十分なもので、ベッドにもぐりこむ前の数分を何度か利用して読み終えることができた。

僕が好きだったのは、「バーベキュー日和(夏でもなく、秋でもなく)」と「花畑」。
バーベキュー日和は友だちの彼氏を奪う癖の女、
花畑は家庭の複雑な家庭の変化に翻弄される独身女性の話。
どちらも決して幸せではない(どちらというと、いやきわめて不幸な)話なのだけど、
あるタイミングでふっと世界が変わるようなポイントがあって、
それ以前の話がなんて馬鹿げたことだったのかを思いしらしめる力がある。
それは、丁寧に描かれた日常と、そこから少し離れた非日常がとてもうまくリンクしているのだ。
そのバランスが僕はなんとも言えず好きなんだ、
という思いを確かめる。


そうそう、この本の中で唯一、男性を主人公に据えた話があった。
彼女の恋愛ものは、いつも角田さん本人にわりと近い設定の女性が主役のことが多いからめずらしいなぁと思った。
でも読んだあとに思ったことは、違和感がないということ。
つまり、女性が主人公でも男性でも、
そうかわりはなくて
自分の持つ感覚と大きく外れていないことを僕は確かにしたのだった。

?????????????????¨???????????¨

Posted by コバシ at 01時58分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.