きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

4

2007


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年04月18日(水)

ちむどんどん [きょうのできごと]

「ちむどんどん」。
いったい誰が考えた言葉なんだろう。
「どんどん」がなんとなくかわいいし、語感、リズムが楽しい言葉だ。
その意味を知れば納得。
「わくわくする」とか、「うきうき」とか、
まあそんな感じの意味なのだ。
あまり若者は使わない言葉になってしまっているけど、
言葉としてはおもしろいと思う。

というわけで、そんな意味を持つ沖縄方言「ちむどんどん」の名を冠したシークワサーと泡盛のカクテル風のお酒を見かけたので買ってみた。
パッケージもなかなかゴキゲンで楽しいお酒。
さわやかなこの季節にぴったりな味がした。

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 19時59分   パーマリンク

2007年04月17日(火)

桜舞う春の光景、2007年編 [トイカメラらいふ]

画像(217x320)・拡大画像(434x639)

ここ2週間ばかりの間に撮った、花見や街の景色。
春の光景をスメナで収めたのは今年が2年目だけど、
今年はどうも天気に恵まれず、曇り空ばかり。
そんなときは、桜の花びらの淡い色よりも、
原色に近い花や草木の色のほうがくっきりきれいだ。

画像(180x127)・拡大画像(640x454)
画像(180x126)・拡大画像(639x451)
画像(180x121)・拡大画像(639x432)
画像(180x128)・拡大画像(639x456)
画像(180x126)・拡大画像(640x449)
画像(180x121)・拡大画像(640x431)

画像(180x126)・拡大画像(639x451)
画像(180x121)・拡大画像(640x431)
画像(180x127)・拡大画像(640x454)

Posted by コバシ at 19時36分   パーマリンク

2007年04月16日(月)

エコノミカルパレス(角田光代) [こんな本読んでみた]

角田光代の中では少し古めの小説「エコノミカル・パレス」。
「魂のない仕事はしたくない」とのたまう無職の彼氏と同棲する
34歳のフリーター=主人公の話。

「フリーター」「30代女性」「旅」「同棲」「生活感」……
そして何より、執拗なまでに読み手にも伝わってくる、主人公のどうしようもない「いらいら」「不快感」。
そんな要素がすべて盛り込まれた「角田光代らしい」小説だった。

紹介文には「『フリーター文学』とも呼ばれた筆者の転換点」とあるけど、
むしろいまだったら「ニート文学」といってもいいかもしれない。

生きる目的も夢も目標もみつからず、
なんとなく現状を維持するためにその日暮らし。
それでいいと思っているわけではないにせよ、
どうにかしようと具体的に思っているわけでもないし、
もちろん行動しているわけはない。

今、こういう人は若者には本当に多いと思う。
それは(一応若者のつもりの)自分が周りを見ていても感じることで、
だからとってもリアリティがある。

生々しく、痛々しく、せつなく、さびしく。
これから世の中がどう変わるのか分からないけれど、
もし、10年後、30年後が今とはまたちがった時代になっているとしたら、
「あの頃の若者はこうだった」なんて思い起こすことができる
今をあらわす小説になると思う。

??¨???????????????????????¬???

エコノミカル・パレス


Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2007年04月15日(日)

赤羽台団地の八重桜たち [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

先週でソメイヨシノはおしまい。
そしてその後に来るのは、八重桜。
今年もまた、僕の家から見える団地の八重桜の季節がやってきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

団地へ続く坂道を登るとこのとおり。
少し濃い目のピンクの花びらがお出迎え。
団地に沿って引かれた道路一帯がこの見事な八重桜。
毎年のことながら感激。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

ここのすばらしいなぁと思うのは、誰が花見をするわけでもなく、暮らしている人たちのふつうの日常の中に、
何事もなかったように溶け込んで、ただそこにあること。
それがものすごいぜいたくなような気がする。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

おまけ。
あまりにも気持ちよかったので、ついついそこら辺のベンチで本を読み、
たまたま見上げた空で見つけた飛行機雲。
青い空と一緒に顔をのぞかせている緑の木の葉も美しく。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 23時27分   パーマリンク

2007年04月14日(土)

5年目の竹尾ペーパーショウ [きょうのできごと]

紙商社の竹尾がずっとやっているイベント、ペーパーショウに行く。
僕が観に行くのはこれが5回目。
きっかけは、就職活動中に竹尾を受けたことだった。
当時の、「竹尾といえばペーパーショウ。1年がかりで毎年準備する一大イベント」という竹尾社長の言葉を思い出す。
それぐらい、情熱を持って自分の会社が扱う「紙」を大事にし、
立派なイベントとして成立させる竹尾はやっぱりいい会社だと思う。

そんなペーパーショウは、今年、東京駅前の丸ビルに会場を移した。会場は少し狭くなっただろうか。
青山のスパイラルでやっていたときの、円状のエントランスフロアを使った展示がなくなったのは残念だったけど、
展示内容は今年もなかなか気合の入ったものだった。

実際にいくつかの周辺のショップとのコラボレーションで作ったアイテムが楽しく、
あれやこれやと目を惹くものが多い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

こうして紙という素材のカタチを変えた姿にこれだけ触れる機会というのは本当に貴重。
自分も紙でモノづくりがしたくなってくる。
わくわくする。
ここ最近はまったく足を運んでいない、神保町の竹尾のショップにでも行って、
何か作ってみようかな……そんな気持ちにさせてくれる楽しいイベントを今年もどうもありがとう。

Posted by コバシ at 22時21分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.