きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年05月03日(木)

MacPowerの表紙が佐内正史に [マガジン・ラック]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

佐藤可士和が表紙をデザインしているマックパワー(MacPower)。
今後、1年間の表紙写真は、佐内正史で行くらしい。
非日常的で尖がった感じの“イケイケ”クリエイティブ雑誌(?)
マックパワーのイメージとはだいぶ違うなぁと思ったけど、
今月号の表紙を本屋さんで見たら即買してしまった。

僕の好きな空の写真。
淡い配色。
強くない文字。
むしろこれまでよりもいいかも。

もう1年分の写真は決まっているらしいので、
どんな表紙になるのかがかなり楽しみ。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2007年05月02日(水)

見ているだけでは [きょうのつぶやき]

駅に向かう途中にある小さな小さな本屋さんが閉店していた。
白髪で背の低いおじいさんとおばあさんがやっていたそこは、ちょっと不思議な本屋さん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

ミニチュアサイズの店内は、足を踏み入れるのもかなり難しく、そのかわりに店先にはたくさんの雑誌が積まれていた。
そしてその並べ方はノンジャンル。
暮らしの手帳もエロ本もまったく気にせずおっぴろげになっている。

もちろん、店の奥には本もある。
でもよく見ると、ほこりをかぶった新品も、雨風にさらされた古本も、一緒くたになっていたり。
さらに店先にもどると、売りものの雑誌の横には求人や住宅などのフリーペーパーが普通に置いてあったりした。

古いものも新しいものも、無料も有料も、堅いも柔らかいも。
ぜーんぶひっくるめて混沌としたこの本屋に対して、
親しみを込めて「カオス書店」密かに呼んでいのは僕だけではないはずだ。

でも、もうカオス書店はない。
夜になればアジアの屋台のようにこうこうと明かりを灯していた店先のシャッターは、
固く閉ざしたままだ。

なくなったものはもう元には戻らない。
ただ見ているだけでは、何もならない。
そんなことはもうずっと前から知っているはずなのに。

Posted by コバシ at 23時21分   パーマリンク

2007年05月01日(火)

初めての日比谷図書館 [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

東京に何年も住んでいながら、しかも本作りに携わるものでありながら、
行ったことがないというと叱られそうだけど、
日比谷図書館へ行くのはこれが初めて。
学生時代に図書館言えば大学の図書館か、せいぜい近所の赤羽図書館(ここはそれなりに便利だった)。
社会人になってからは読める冊数が限られているためか、
図書館自体ほとんど行く機会がなく、本屋(古本屋を含む)で買って読むスタイルが定着している。


そんなわけで、初めて足を運んだ日比谷図書館は、古くてボロい(失礼!)ながらも、
とってもワクワクする場所だった。
あらゆる分野の雑誌がズラリと並び、マニアックな専門紙(新聞)が立ち読みできる。
もちろん、本も充実しているし、映像資料の貸し出し(フィルム)なんかもあるらしい。

調べもののついでに……といろいろ見て回りたかったけど
後の予定があったので時間切れアウト。

そういえば、日比谷公会堂も野音も日比谷公園も、
ぜんぶ名前は知っているのに一度も行ったことがなかった。
公園も都会のど真ん中にしては緑が多くて気持ちよさそうな場所。
今度はゆっくり、休日にでも行ってみようか。

Posted by コバシ at 17時12分   パーマリンク

2007年04月30日(月)

まだ知らぬ箱根 2日目 [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

昨日は、芦ノ湖近くの小さな旅館に宿泊。
このシーズンにしてはずいぶんとリーズナブルで、
時間貸しの露天風呂もあり、食事もまあまあ、
総じてまずまずの宿だったと思う。

さて、今日は芦ノ湖から遊覧船に乗って、元箱根まで。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

元箱根には、箱根神社がある。
湖へと続く巨大な鳥居を眺め、そのまままっすぐ続く鳥居を上っていくと、荘厳な雰囲気の境内へ。
歴史を刻んだぶっとい大木やゆるぎない立派な建物に包まれると、
幻想的というか、ちょっと恐いくらいの不思議な空気に包まれてくる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

さて、そうこうしているうちに、すっかりランチタイム。
お腹が空いたらレストランへ行こう。
こういう観光地にはめずらしく、こじゃれたイタリアンレストランが港の近くにあった。
周りには「カレー」や「定食」を掲げる店が圧倒的に多い中、
完全に浮いていたこのお店(アクアパッツァ・テラス)。
忙しくがちゃがちゃとしていたのはこの時期なので仕方ないにせよ、
ガラス張りの明るい店内はなかなか雰囲気もよく、
食事もしっかり美味しかったので満足。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2007年04月29日(日)

まだ知らぬ箱根へ [きょうのできごと]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

近場でどこかに小旅行をしたくなり、用意したのは箱根の旅。
とはいえ、箱根には2度ほど足を運んでいるので、
普通に行ったもなぁと思っていた。

だけど僕が知っていた箱根は、箱根湯本の近くだったり、冨士屋ホテルのある宮ノ下だったり。
そこで今回は行ったことのない、芦ノ湖周辺に足を伸ばすことにしたのだ。

箱根はもっとも行きやすい観光地の一つ。
新宿からはロマンスカーに乗る。
ついたら箱根湯本近くの蕎麦屋でさくっと昼食。
さすがに連休、街はにぎわっている。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

バスに乗ってついた先は、このとおり。
駅周辺とはまるで違った、ゆったりとした時間が流れる水辺の静かな場所。
山々に囲まれ、吹き抜ける風が心地いい。
空気もうまい。

湖畔の喫茶店で景色を楽しみつつ一休みしたあとは、
せっかくなので、かわいらしい(というか懐かしい、レトロな感じの)白鳥ボートに乗ってみた。
意外に水面には波がどんぶら、でちょっと恐いかも。
でもゆったり水面を走っていると、風は地上にいるときよりもさらに心地よく、
かなりリフレッシュできた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.