きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年05月22日(火)

わかなぱんのパン [おいしいご飯&カフェ]

ダンボールが届きました。

中を開けると、ぎっしりとつまったパン。
葉山にあるパン屋さん(というか、パンを作っている人?)の「わかなぱん」のパンが届いたのだ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

わかなぱんのパンは、国産小麦と自家製天然酵母を使った、とってもこだわりのパン。
しかも、卵やバター、砂糖を使っていないので本当にカラダにやさしくてヘルシー。
週に2回ほどしか焼くないらしくて、なかなか都合よく足を運ぶのも難しいのだけど、
やっと、インターネットで2週間ほど前に予約して買ってみた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

何種類かのスコーンに、ひまわりの種のパンや、くるみとレーズンのパンなど、
いろいろ楽しく選んで買ったパンたち。
共通するのは、シンプル、素朴、でもしっかり、ゆっくり、かみ締める「おいしさ」。
本当に質素なものこそがぜいたくに感じる、とてもクオリティの高いパンだなぁと実感。

ふだんの生活からするとなかなか食べれるものではないだけに、
ありがたく、うれしく、感謝しつつ、じっくり味わおう。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2007年05月21日(月)

美しい本「ポラーノの広場」 [モノもの物]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

昨日の活版再生展の帰りに寄ったTSUTAYAのフェアで思わず買ってしまった、
宮沢賢治の本「ポラーノの広場」。
画・装丁は小林敏也さん。
ほかにもたくさんの宮沢賢治絵本を手がけているのだけど、
この本の美しさは別格。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ざらっとした風合いなのにしっかりとしたカバー、
青、茶色、黒の3色のインキを自在に操った本文の重ね刷り。
文字の色も茶色になったり青になったり楽しい(それでも文字組みが美しいせいか読みづらさはない)。

いわゆるデザイン本やアート本ではなくて、
普通の本(絵本)で、
ここまでモノとしての価値がある本にに出会ったのは
本当にめずらしいこと。
ため息の出るほどすばらしい本、これは宝物。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
????????????????????´

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2007年05月20日(日)

活版再生 [きょうのできごと]

画像(221x320)・拡大画像(442x640)

ふとしたことから見つけたイベント「活版再生展」を観に行く。
その名のとおり、いまや廃れてしまっている活版印刷を見直し、
活版を使ったアーティストやデザイナーの作品を展示したりとか、
ワークショップで実際に活版印刷に挑戦したりする、そんなイベント。

活版のイベントといえば印刷解体ってのがあったけど、この「活版再生」はそのなのとおり、単に懐かしむだけじゃなくて「再生」目指すものだそうだ。

力強いレトロな活版文字を使ったデザイン作品を眺めたり
(文字を絵で表したものがおもしろかった)、
それはそれは楽しかったのだけど、
中でも個人的によかったなぁと思ったのが、
印刷機の実物と印刷工程のビデオを見れたこと。
いままでなんとなく、「活版? ハンコみたいなのを組み合わせてインクつけて紙に写すんだよね」(超おおざっぱ)な理解から、
少しだけ詳しくなったような気がしてうれしかった。

今度は、このイベントを立ち上げた人たちが、ショップも開くらしいので、
楽しみ楽しみ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 23時25分   パーマリンク

2007年05月19日(土)

お昼寝タイム(の、つもり) [きょうのできごと]

今週もずいぶんと忙しかった。
外を飛び回り、走り回って気がつけば週末に。
何とか目覚めた今朝はあいにくの空模様。
午前中に予約しておいた歯医者さんにさっさと出かけていき、
午後はちょっと昼寝のつもりで、
本を片手にうたた寝。
なんと目が覚めたらまっくらになっていた。
3時間以上も寝ていたらしい。

あ〜ぁ寝だめができたらなぁ(何回目だろうこの台詞)。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 02時15分   パーマリンク

2007年05月18日(金)

ビストロ ラ シブレット [おいしいご飯&カフェ]

上司に連れられて浅草橋のビストロに。
浅草橋なんて何年ぶりだろう。
確か以前に行ったのは3〜4年位前、さんざん飲み食いした飲み会の後、
蔵前に住むある人に誘われて行ったのだった。
そのとき行ったバーも確か美味しかったなぁなんてぶつくさ思いながらついたのは、
大通りを何本か入った住宅街の中にある小さなお店。
小奇麗な建物からあったかいオレンジ色の光がこぼれている。

中に入ってみると、10席ほどの店内には、
せっせと火に向かうご主人と、忙しそうに料理を運ぶ奥さん。
なんだかとってもいい感じなのだ。

そんな期待をまったく裏切らない料理もステキだった。
生ウニとコンソメのムース、うなぎとリゾット風のもの、もちろんメインのお魚も鴨のお肉も。
合間に出てきたソルベやデザートのタルトまですばらく堪能し、
膨れ上がる胃袋とそれ以上にパンパンになった気持ちで大満足の夜。

今回はごちそうになったとはいえ、自分でも何とか行ける良心的な価格と聞いて、さらにうれしくなった。

ビストロ ラ シブレット
最寄駅:浅草橋 / 蔵前
料理:フランス料理
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円< br>用途:夕食

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.