きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

5

2007


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年05月30日(水)

微妙な季節 [きょうのつぶやき]

暑い日が続いていたと思ったら、
先週末あたりから空模様がちょくちょくぐずぐず。
梅雨入りが確実に近づいているみたいで。
雨が降らないのも困るけど、
あと少し、もう少し、ちょっとだけ待って
(ふとんが干したい人)。

Posted by コバシ at 23時22分   パーマリンク

2007年05月29日(火)

喜久屋のみたらし [おいしいご飯&カフェ]

この間、「チューボーですよ」を見ていたら
堺正章がみたらし団子を作っていた。

みたらし団子って、もっと簡単に作れるもの、
白玉みたいなものだと勝手に思っていたのだけど、
そのテレビで作り方を見るに、意外と大変そうだった。
基本はやっぱり餅なので、蒸したり叩いたり、
それなりに手間がかかるらしい。

ってことで、作る気はまったく起きなかったのに、
猛烈に食べたくはなってしまった。
それもコンビニやスーパーのではなくて、
和菓子屋さんの手間ひまかけたやつを。

近所には、みたらし団子が美味しいと散歩の達人に紹介されていた和菓子やさん
喜久屋」がある。
歩いて5分もしない住宅街の中にあるのに、
買ったのはこれが初めてだった。

きれいについた焼き目に、ふぁっと柔らかい食感。
タレも自然な甘さのやさしい味。
口に入れると幸せになるこの感覚。
僕は初めて出会ったのだ。
いちばん美味しいと思えるみたらし団子に。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by コバシ at 09時09分   パーマリンク

2007年05月28日(月)

藤森建築展のパンフレット [モノもの物]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

モノというよりも本なのだけど、先日の藤森建築の展示会のパンフレット。
パンフレットとはいってもただの冊子ではなくて、
写真の帯がついた固い箱の中にいろいろものが入っている。
何重にもなっているお弁当箱を開けるようなわくわく感。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

中に入っているのはこんな感じ。
なんと、杉の木を焼いたもの(焼杉)の断片も入っていた
(ちなみに焼杉は外壁などに使うらしい)。

冊子類のデザインも1つ1つかっこよく、製本方法も全部違う凝った作り。
紹介されている建築物のよさはもちろんとして、
このパンフレット自体も部屋に飾っておいて、
ときどき眺めるのにちょうどいい、
大事にしたい1冊(箱)だ。

Posted by コバシ at 21時22分   パーマリンク

2007年05月27日(日)

うなぎのチャーハン丼 [男のお手軽料理]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

昼前に買出しに出かけた街は、恐ろしいほどに暑く、
黒い服でも着ていたらそれこそ、穴が開いてしまうんじゃないかしら? と思うほど。

お昼は何にしようかなぁと思ってスーパーをのぞくと、
うなぎが安い。
一瞬、「この暑さならやっぱり冷そうめん?」と思った考えはさようなら。
ほかにもサラダの材料やらフルーツやらお肉やら、どっさり買い込んだら、早足で帰宅。材料が痛まないように。

ふつうにうな丼でもよかったのだけど、それだとなんとなくさびしいし、
冷蔵庫には期限切れ間近な卵も見つけてしまったので、
これでチャーハン+うなぎ丼にすることに。

  • 中華なべに溶き卵を入れて、軽く半熟に。
  • 温かいご飯を入れて、卵と混ぜ合わせつつ、炒める。なるべくすばやく(ここまではいつもと同じ)。
  • 中華だしと塩・コショウで味付け。
  • 火を止めて、レタスを入れる。余熱で炒める。今回のチャーハンの具はレタスのみ。
  • できあがったチャーハンの上に、温めておいたうなぎの蒲焼をのせる。
  • 蒲焼のタレをかけたら完成。
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

うなぎをチャーハンに混ぜた「うなぎチャーハン」なんてレシピもあるけど、
別々に作って食べるときに混ぜるほうが見た目にもいいし、
うなぎの身の食感も味わえる。
甘いタレとレタスチャーハンもなかなか合います。
うな丼みたく単調にならずに済むし、これはいいかも。

Posted by コバシ at 22時30分   パーマリンク

2007年05月26日(土)

オペラシティ、藤森建築展へ [きょうのできごと]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

初台のオペラシティで開催中の藤森建築と路上観察 ─ 第10回ヴェネチア・ビアンナーレ建築展帰国展へ。

建築にはあまり詳しくはなく、藤森照信さんのことも知らなかった僕がこの展示に行きたいと思ったのは、
たまたまオペラシティで見かけたこのポスターがきっかけだった。
ちょっと風変わりの建物の写真に、鉛筆書きのラフスケッチ、
びしっと決まった文字と
とてもかっこいいポスターだと思ったのだ。

予備知識なしで足を運んだ会場で、
藤森さんがもともと建築家ではなく建築史の研究家であること、
建築を手がけるようになったのはまだ20年弱であること、
それでも自然素材を使ったユニークな建築物は評価されていること、
そしてこの展示会のもうひとつのテーマである
路上観察学会(南伸坊や松田哲夫も参加している!)のメンバーとしても活躍していること、
などを知った。

藤森さんの作るものは素人目から見ても、とてもおもしろい。
巣箱のような(と表現されていたけど僕的には完全に子どものころの秘密基地だ)木の上の家、
壁や屋根から植物がめきめきと飛び出している建物など、
遊び心があって楽しい建築物が多い。

会場には縄で作った建物の体験コーナーなどもあり、
写真を見るだけでなく、工夫された展示もよかったと思う。

そうそう、路上観察学会のようなゆるーい活動、
これはなかなかの僕好み。
ビデオコーナーでは、「これはいいですね」とか街中の「おっ」と思うようなものにコメントをつけていくものが流れていて、
完全にタモリ倶楽部のようなノリだった。
見慣れた街中にも、美しいもの、なんかいいもの、
転がっているものはたくさんある。
視点としてはJVMにも通じるものあり、なおうれしくなる。

建築もおもしろかもしれないな、と思わせてくれる
価値のある展示会だった。

Posted by コバシ at 18時04分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.