きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

9

2007


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2007年09月16日(日)

包帯クラブ [映画の時間]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

包帯クラブ (2007)

【監督】堤幸彦
【出演】佐藤千亜妃 / 柳楽優弥 / 貫地谷しほり / 石原さとみ / 田中圭 / 関めぐみ


★★★★ [80点]「予想外にさわやかな良作」

すこーんとした、とても晴れやかな映画だった。
タイトルがタイトルだけに、もうちょっと難しい映画かとおもっていたのだけど、ずっとシンプルでさわやかで、あったかいドラマだった。

人に対する優しさや愛情をもって接することを覚えるのは、青春時代、青いときなんではないかと思う。
攻撃的で、傷つきやすいときだからこそ、だ。
誰かの傷を癒すために巻く包帯は、そんな優しさに気づく象徴のようなもの。
他者の気持ちを思うことで分かることは、
実は自分自身の心に傷であったりもする。
自分的にはそんなストレートな青春映画だと思う。

場所が高崎という、個人的に何度か足を運んだことのある場所だったこともあるだろうけど、
映し出される美しい景色も映画の質をあげていると思った。
柳楽優弥くんもずいぶん大人になったとも思った(今作の彼はいままでと違った吹っ切れた感の役で、たくましくかっこいい)。
ばかでかい音なのに、まったくじゃまにならないハンバートハンバートの音楽もいいと思った。

たぶん、細かいとこで気になるとこがあるひとはいるだろう。
でも、それを差し引いてもあまる魅力ある日本映画だと僕は思う。


Posted by milkcafe on 2007/09/17 with 映画生活

Posted by コバシ at 23時29分   パーマリンク   トラックバック ( 2 )

2007年09月15日(土)

ミセバヤを育てよう [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

お花屋さん(というか植物屋さん)で見かけた、
サボテンのような葉っぱに小さなピンクのつぼみをぎっしりつけた小さな鉢植えの植物。
「ミセバヤ」というらしい。
インターネット園芸大辞典によると、育て方は、

秋になるとミセバヤの開花株の鉢植えが出回りますので、そこから始めるのが良いでしょう。

ミセバヤは、よく日のあたる場所に置いてください。鉢土が乾いてから、水遣りします。ミセバヤは過湿になると根腐れするので、注意してください。

春に花木用の固形油粕(骨粉入り)を鉢に置き肥してください。ミセバヤは病虫害にはほとんど悩まされません。

ミセバヤは耐寒性はありますが、寒冷地では真冬は、株元の冬至芽を落ち葉などで保護してやってください。冬場もあまり乾きすぎないように、最低でも2週間に1回程度は水遣りしてください。

ミセバヤは2,3年に1回、4月頃に植え替えしてください。用土は水はけの良いものを使いましょう。植え替え後も日のあたる場所で管理して大丈夫です。

ミセバヤは挿し木も可能ですが、3芽くらいつけて株分けで殖やすのが一般的です。

(以上、引用終わり)

ということなので、僕でもたぶん枯らすことなくちゃんと、育てられることでしょう(たぶん……でも少し自信なし)。

これからの時期に、きれいに花が咲くらしいので楽しみだったりする。
おかげで、部屋がちょっぴり明るくなった気がする。
ようこそ我が家へ、ミセバヤくん。

Posted by コバシ at 01時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2007年09月14日(金)

くつろぎの喫茶店 カフェ・ユイット [おいしいご飯&カフェ]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

落ち着かない大都会、新宿の街で一苦労するのが、
一休みできる喫茶店探し。
数店あるスタバはどこも大抵満席、エクセもセガフレードも混んでいるし席は窮屈。
あとは、デパートの中のお店か、椿屋カフェラミルか……

そんな新宿で貴重な喫茶店を見つけたのは、
新宿トップスハウス(小劇場「シアタートップス」のビル)の最上階。
カフェ・ユイット」というそのお店は、
間接照明の薄暗い店内に、植物やら古い本やらが所狭しと並び、
ちょっとしたミニギャラリーも併設されている。
席数が少ないおかげもあってかとても落ち着いていて、
実際、僕らが滞在した1時間弱の間に、
一組もお客さんが入れ替わらなかったほど。
コーヒーもまずまずの味で、ポットで出されるのがいい。

今度は本でも持って、まったりとくつろぎに行ってみるとしよう。

Posted by コバシ at 01時23分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2007年09月13日(木)

祝、来日 [きょうのできごと]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

通りかかったので、見てきました。
東京駅近くの丸ビルに来日した、モアイ像。

小学生のころ、本で見たことしかなかったモアイ像が、
こうして目の前、しかもビルの中で見られるのはちょっと感動。
近くで見ると、やはりとんでもないでかさ。
やはり昔の人の根気強さに感心。

それにしても、モアイの目って、こんなにかわいかったんだっけ?

Posted by コバシ at 10時37分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2007年09月12日(水)

家庭で作るパラパラチャーハン 最新版その2 [男のお手軽料理]

ということで、昨日書いたdancyuのチャーハン特集から、
いくつかの店のレシピを適当によさげに解釈して
自分流のおうちチャーハンレシピを更新。
前回のぱらぱらレシピと比べると、
パラパラというよりふんわり、じわっと美味いチャーハンになった。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
  1. あらかじめ材料は全部切って、入れる順にしっかり用意。調味料もふたを開けてすぐ使えるように。ご飯はジャーから取り出してお皿に平たくほぐしてさます。
  2. 中華なべを焼く。煙が出るまでアツアツにして、いったん火を消したら、サラダ油を足して中火で鍋にぐるっとまわす。
  3. いったん油を取り出して、もう一度繰り返し。
  4. 油を入れなおす。中央に少したまるぐらい(気持ち、大目)。火は強火。
  5. 溶き卵を入れる。油で揚げるイメージで、ふわっと浮いてくるはず。
  6. ご飯をいっきに入れる。入れたらすぐにあおりながら、お玉で卵となじませる。お玉のフチで切るように、そして裏側で叩くように。
  7. 具材を入れる。まずはねぎ、次にチャーシュー、今日は小エビも。
  8. 塩コショウで味付けしてさらにあおる。
  9. しょうゆ、中華スープ(お湯でといたもの)、ごま油をそれぞれご飯にあたるように入れる。
  10. 水分を飛ばしてできあがり(仕上がる寸前に青ねぎを入れてもいい)。
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

dancyuで学んだ最大のポイントは何といっても、
鍋を焼くことだった。
これをやるのとやらないのでは大違い。
まったく焦げ付かなくなるし、本当にぱらっと仕上がる。
それから、これまで鍋はだから入れるものだと思っていたしょうゆなどの液体類を
直接振りかけたほうがいいことも分かった(焦げなくてすむ)。

あとは。もっと繰り返し作り続けて、安定した美味いチャーハンを作れるように、腕を磨こうっと。

Posted by コバシ at 18時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.