きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

5

2008


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2008年05月08日(木)

地震 [きょうのできごと]

深夜というか明け方。
ひどい揺れ。
その後も余震かどうか分からないけど、何度もゆれが続く。
ここは東京の北のはずれ。
川向こうは埼玉だ。

東京23区は3らしいけど、埼玉は震度4らしい。

木造築ん十年のアパートはぐらんぐらん揺れながら、
みしみしときしむ。
思わず手を合わせて祈る。

どうか、まだ壊れませんように。

Posted by コバシ at 08時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2008年05月07日(水)

4時のおやつ [こんな本読んでみた]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

作者(杉浦日向子)いわく、「半端な時間」という「4時」のおやつをテーマにした超短編集。
ほとんどが、「母と子」だったり、「夫と妻」だったり。
2人の登場人物同士の会話だけで進む、ちょっと変わった小説。
説明くさい部分は、「窓側に立つ男、20代」といった感じに、
一風ぶっきらぼうにまとめて書かれている。ある意味、無駄なし。
読み込むのもすぐ、読み終わるのもすぐ、なので
電車の中で読むのにちょうどいい。

でもそんなことより何より、
この小説の魅力は「うまそー」という帯にかかれたひとことに尽きる。
「柳屋のたいやき」「うさぎやのどら焼き」といった、
登場する「おやつ」がとにかく「うまそー」なのだ。

1つの話に1枚ずつ入っている、写真もこれまた「うまそー」ですごくいい。

「おやつを食するかわりに見て我慢」とはいかないけど、
ちょっと小説が読みたいなぁという空腹時にはほどよいおやつになりそうな本。

Posted by コバシ at 01時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2008年05月06日(火)

川越散歩 [きょうのできごと]

連休最終日、東京はこれでもか! というほどのすばらしい快晴。
上京していた母親を駅まで見送り、
ついでに自分も電車に乗り込む。

行き先は川越。
埼京線の北の終着駅だ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

その昔、学生時代に一度訪れたことがあるものの、
街をちゃんと歩くのはこれがはじめて。

川越は「小江戸」なんて呼ばれているように、
むかしの建物がけっこう残っている。
というよりも、ちょっとした時代劇のセットみたい…

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

銀行の建物もかっこいい。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

炎天下のなか2時間近く歩いたので、のどがかわき、おなかもすく。
たまたま見つけたのは、建物と建物の間、
細い路地を入ったところにあるお店、「風凛」。
古い日本家屋をリノベーションしたような和食のお店で、
日本庭園を眺めながら食事ができる。
お店の雰囲気もそうだけど、
店員さんもとっても感じがよくてよいお店。
誰かを連れてきたいな。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)


急遽思いついた川越散策。
実は1つだけ狙っていたのが映画館。
古い映画館を市民団体が復活させたんだよね、ここ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

でも今日は定休日でお休み。
まあ、映画はまた今度見に行けばいい。

勝手気ままに、文字通りのぶらり散歩。
やっぱり街歩きは楽しい。

Posted by コバシ at 17時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2008年05月04日(日)

浜松 2日目 [きょうのできごと]

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

とめてもらった友人の家は、天竜川の近くにある。
天竜川は見てのとおりの大きな川。
周囲はのどかな住宅街で、「静岡は住みやすい」とかいうちびまるこちゃん以来
練りこまれたイメージに勝手に重ね合わせる。


今日は祭りのメイン、凧を見に行かなくては。
行き先は中田島砂丘。長い列のバスにのって行く。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

そうそう、今日はカメラを変えました

これが砂丘!
勝手に果てしなく続く砂漠のようなものを想像したのだけど、
実際は広い砂浜といった感じだった。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

でも、海に出るまでの砂の量は確かにすごい。
靴の中はずぼずぼ砂だらけ、足取りは重い。
海に出たときはちょっと感動。
ふぁーっと息をすおう。波は高い、風は強い。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

この海岸線をしばらく歩いて、凧揚げ会場に向かう。
点のような空に舞う凧が、だんだん近くに見えてきた。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

これが凧揚げ会場。
ぎっしりと広場には凧を操る人たち。周りには観客、出店。
ここでも町ごとの半纏を着た人たちが多数。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

この凧、大きさが半端ない。
この写真を見てもらえると分かると思うけど、
大人4、5人がかりで運ぶ。
凧を引くのは、「タコ糸」なんてもんじゃない。
完全に綱引きの綱。巻き取りのリールは消防ホースみたいに。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

いやあ、すごいすごい。
こんなお祭りはじめて見た。
昨夜も確かにすごい迫力だったけど、
いまでもこうして大勢の人が参加する、
熱気を帯びた祭りはすごく新鮮。
それも、ちょっと懐かしい凧を競おうってのだからなおさら。
浜松、熱いなぁ。


さてさて、ご機嫌の僕らは、駅前に戻り、
世界料理の屋台でランチ&ビア。
うわさの浜松餃子も食したし、
シュラスコ(ブラジルの串焼き肉)や富士宮焼きそばも食べた。
地ビールは3杯飲んだ。

ほろ酔い加減で夕方の新幹線に乗り込もうとすると、
最後に駅前ではこんな光景が。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

浜松。
熱すぎる。

Posted by コバシ at 18時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2008年05月03日(土)

浜松 [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

出発が決まったのは3日前。
いかにも自分らしい(いや、いつもよりもぜんぜんひどい)小旅行。
行き先は静岡は浜松。
宿泊先は友人宅、まあ近いのだし大丈夫でしょう、
と高をくくっていたら。

意外と遠かった。

電車も調べずに大混雑の東京駅について、
新幹線の路線図を見て唖然。
「ほとんど名古屋じゃないかー」と心の中で小さく叫びつつ、
40分ほど待って各駅停車の「こだま」に乗る。
浜松までは2時間。飛行機なら北海道までいけるなぁー。

無事に駅で友人と再会したら、もうお昼時。
駅前を少し歩いたらご飯にする。
迷うことはない。浜松といえばうなぎでしょう! ということで、「大貫うなぎ店」で食べたうなぎ。
思い出すだけでもよだれダラダラの美味な蒲焼でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

さて、浜松に来た一番の目的は、うなぎではなくて、
お祭り。
「浜松祭り」というその名もずばりなお祭り見物に誘われてきたのだった。
一番の見所は「巨大凧揚げ」! なのだけど、
今日は時間も時間なので、市街地の「練り」を見ることに。

街中にはすでに、山車がスタンバイ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

でもこの出番はもう少しあと。
実は今回の浜松祭り、スペシャルなイベントとしてサンバ隊のパレードがあったのだ。
浜松はブラジル人が多いらしく、街中にもポルトガル語の看板、駅前にはブラジルバンクもある。

日本の祭りとはちょっと違ったテンションの高さで、
街中を占領するサンバチーム。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(135x180)・拡大画像(480x640)

超ダンディなボーカル。
ギターも歌も生、しかも歩きながらの生演奏。
後ろから来る軽トラに乗せたスピーカーからは爆音。
この状態でたぶん1時間くらい歌いっぱなし。すごすぎる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

負けじとこちらはホンモノの祭り隊。
浜松祭りは80以上のチーム(地区)が出陣するそうだ。
初日なのにいきなりすごい規模、熱気。
沿道もすごいことになっています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

というわけで、夕方、日が落ちるまで、
地元友人とすっかり祭りを堪能。
夜は地元の地ビールレストランでたっぷりのビール
マインシュロス)を味わい、
おなかも満足。

いやいや、それにしても、浜松は暑い!
祭りの熱気もあるだろうけど、今日1日で相当焼けたぞ、たぶん。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by コバシ at 14時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.