きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

6

2008


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2008年06月17日(火)

下北沢のカフェ2軒 [おいしいご飯&カフェ]

下北沢ってカフェがほんとうに多いよね。
先週末は下北沢でカフェめぐり(というつもりでもなかったのだけど、結果的に)。

最初はご飯を軽く食べたかったので、西口の踏み切りの先、
ローソンのすぐ近くにある「ジンクカフェ」に。

無添加のパンとか、オーガニック系の食材を使っているプレートをオーダー。
いろいろとおかずがのっかっているので見た目にも味的にも楽しめる。
写真はちょっとホワイトバランスがあってないけど。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

このお店はわりと本もいろいろある(ジャンルが不ぞろいでちょっぴり変)し、
白くてオシャレな感じを狙った内装だけどどこかゆるい感じがあって、
完璧じゃない感じがよさげ(ほめています)。

採点:★★★

もう1軒は写真撮れなかったけど、反対側、
シネマアートンの跡地近くにある「ケイト コーヒー」。

こちらはとても落ち着いた雰囲気のカフェで、店のロゴからメニュー、食器、家具、照明、とにかくセンスがいい。
洗練されているけど息苦しくなく、居心地のいい部屋という感じ。
ハンドドリップのコーヒーもていねいにいれているようで、なかなかおいしかった。
今度はここで食事してみようか。

Posted by コバシ at 01時14分   パーマリンク

2008年06月16日(月)

BIG TYPE [きょうのできごと]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

古書ビビビで買ったタイポグラフィ本(洋書)。
表紙に負けず劣らず、中身もど迫力の力強いグラフィックばかり。
かなりかっこいい。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

これがたったの300円とは……

Posted by コバシ at 09時54分   パーマリンク

2008年06月15日(日)

間宮兄弟、明るいオタクと美女たち [映画の時間]

間宮兄弟間宮兄弟 (2006)

【監督】森田芳光
【出演】佐々木蔵之介 / ドランクドラゴン / 常盤貴子 / 沢尻エリカ / 北川景子 / 戸田菜穂 / 岩崎ひろみ / 佐藤隆太 / 広田レオナ / 加藤治子 / 高嶋政宏 / 中島みゆき / 鈴木拓


★★★☆ [70点]「明るいオタクと美女たち」

江国香織原作。森田芳光監督。
ゆるーい、まったりエンターテインメント映画。
べたべたな日本映画だけど、おもしろかった!

とっても仲のいい男兄弟は都内で二人暮し。
兄はビール会社の研究員、弟は小学校の用務員。
休みの日も二人で遊んでいる。
少年のように無邪気で、とにかく仲がいい。
ただし、そんなせいかどうか、彼女はいない。

予告編ではもっと気持ち悪い映画かと思っていたのだけど、
ぜんぜんそんなことはなくてずっとさわやかなだった。
理由はかんたんで、二人が明るい「オタク」だから。
社会性がないわけではなく、他人とちゃんとコミュニケーションする。
部屋はマニアックだけど、湿っていない。
明るい。

久しぶりに見かけた常盤貴子はかわいらしいオトナになっていた。
先入観で嫌っていた沢尻エリカは素直にかわいい。
そしてその妹役、北川景子も。
毎度のことながら、ちゃんと仕事っぷりを見ないとなぁと反省。

じめっとした気分の憂さ晴らしにはぴったり、
今みたい映画にちょうどよく出会った感じ。
サンキュー。


Posted by milkcafe on 2008/06/15 with 映画生活

Posted by コバシ at 17時14分   パーマリンク

2008年06月14日(土)

「あの事件」とテレビと山瀬まみ [きょうのつぶやき]

いつものようにご飯を食べながら無目的にテレビを見ていたら、先週の秋葉原の事件についてブロードキャスターが報じていた。

事件が事件だけに、発言には気をつけないといけない。
それは仕方がない。
でも、言葉を慎重に慎重に選んで話すゲストのコメンテータたちは、あまりにも歯切れが悪い。

そんな中、スタジオにいた誰よりもハッキリとした口調で、前を向いてコメントしたのが山瀬まみだった。


「本当にやりきれないことは、誰にでもある。彼にはもっと自分と戦ってほしかった」


記憶に間違いがなければ、たしかこんな発言だったと思う。

ドキッとした。
手にしていた箸を置いて、思わず画面に食いいる。
そしてしばらく固まってしまった。
ショックだった。


そうだ。誰とでもない。
もっと自分と戦わなくちゃ。


このブログはあくまでも「自分」の行動記録や、「自分」が直接感じたり触れたりしたことに限って書こうと決めている。それがブログをはじめたときからのルールであり、スタンスだ。
でも例外的に書いておこうと思う。忘れないためにも(それが山瀬まみの発言だなんて、かっこ悪いことはそうなのだが)。

Posted by コバシ at 23時30分   パーマリンク

2008年06月13日(金)

スタジオボイス最新号「本は消えない」 [マガジン・ラック]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)



そうだ! そのとおり。

と思わずレジに運んでしまったSV最新号。
内容はリトルプレスや草の根フリーペーパーなど、
数年前の自分的にはどんぴしゃ。
いや、気持ちの上では今でもそうだけど。

海外ものや限定レアものなど、紹介しているのは相変わらずエッジな感じで
気軽さはまったくないのだけど、
カタログ的にビジュアルを眺めるだけでも楽しい。

Posted by コバシ at 23時13分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.