きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

1

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2009年01月24日(土)

最後のバーゲン [きょうのできごと]

1月ももうすぐおわり。
ということで、いろいろ買ったこの冬のバーゲンもそろそろおしまい。
最後にゲットしたのはコーデュロイのパンツ。
似たようなパンツを前から持っているけど、こっちは少し細身。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

VOLCOMというストリート系ブランドのこのパンツ、
目に見えるところは一見シンプル、スタンダードなのだけど、
ちょっと変わっている。
裏地とかポケットがスゴイ柄。
あと、パッチもちょいとかっこいいです。

まだまだ寒い日が続いているので重宝しそう。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

Posted by コバシ at 12時40分   パーマリンク

2009年01月23日(金)

ブルータス最新号「ブルータス大学開講」 [マガジン・ラック]

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

思わず「おっ!」と声を上げたくなるような人の名前がずらり。
そのあまりにインパクトのある表紙に、コンビニで衝動買い。
僕だけじゃないと思う。この号、かなり売れたんじゃないか。

そんなブルータス最新号(2/1)は、「ブルータス大学開講」。
何もブルータスが大学を作る、なんて話ではもちろんなくて、ブルータスによく出てくる、
おなじみのあの人たちが大学でも教えていますよ、
ちょっと授業に潜入してみましたよ、ってのが基本的なお話。


いとうせいこう、深澤直人、宇川直宏、しりあがり寿、佐藤直樹……etc。
魅力的、豪華な顔ぶれ。
本当にこんな学校があったらすごいだろうな。

いとうせいこうの編集者の話、黒沢清の映画の話、どれもこれも興味深かったけど、
やっぱり好きなのはデザインの話。

中でも深澤直人の「学生はマニュアルを探している」って話はなるほどなーと思った。
「マニュアル化することは、その人を作るとしてツール化すること。将来役に立たない」ってのは、
この間読んだ本「名作コピーに学ぶ 読ませる文章の書き方」にも通じる話。
深澤流にいえば「デザインの感触を与えるのが自分の役割」なのだそうだ。

Posted by コバシ at 01時29分   パーマリンク

2009年01月22日(木)

「いつも旅のなか」 角田光代 [こんな本読んでみた]

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

海外旅行に行ったことがない。
期限切れのパスポートなら机の引き出しにしまっているのだから、海外には行ったことがある。
ただ、大人になってから、海外への旅らしい旅には行ったことがないのだ。

理由はまとまったお金がないとかいろいろあるけど、一番は「面倒」とか「怖い」。
そんなところだろう。

対して、僕の好きな作家の一人である角田光代さんは大の旅好きだ。
前々からそのことは雑誌のインタビューで語っていたし、
短編小説にも海外の旅をモチーフにしたものが多くあったから、
そのこと自体は知っていたのだけど、
まさか世界26カ国に30回も旅をした経験を持つ、
筋金入りの旅好きだとは知らなかった。

この本に収められたたくさんのを短いエッセイを読むと、
そんな「旅好き」な角田光代のさまざまな顔が、
世界各地のエピソードを通じて垣間見える。
「旅好きなのに旅に向いていない」「毎回行く前はやたらと心配性」
「リゾートな旅は落ち着かない」etc……
海外に頻繁に行く作家、という意味でも、
やっぱり山田詠美なんかとはぜんぜん違うのだ(当たり前)。


この本を読んだからといって、僕もすぐに世界旅行に出てみたい、
なんては思わない。
だけど、いつか彼女が見たような光景を、自分もこの目で見てみたい、とは思う。
ここにいるだけでは一生見られない、きらきらとした世界があるのだとしたら。

いつも旅のなか (角川文庫)

いつも旅のなか (角川文庫)



表紙がきれいだなと思ったら、蜷川実花の写真だった。
いい装丁だなぁ。


関連タグ :

Posted by コバシ at 11時48分   パーマリンク

2009年01月21日(水)

冬の青山を歩く [きょうのできごと]

仕事の所用が渋谷の宮益坂だったので、ちょいと足を伸ばして青山方面へ。
すっかり空を覆う曇のおかげで、気温はだいぶ低め。
小さくなって歩いている人が多かった。

画像(265x400)・拡大画像(425x640)

この先右手が青山学院

そういえば昔、青山を歩いている人はみんなオシャレなのだと信じて疑わない時期があったっけ
(いや実際、オシャレな人は多いけど)。

今考えるとバカらしいけれど、それぐらい「青山」という地名は
新宿や渋谷とは違う、丸の内とも違う、田舎者には別世界のように感じられたのだ。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2009年01月19日(月)

ぽかぽか月曜日 [きょうのできごと]

画像(300x400)・拡大画像(480x640)

いつもよりも少し早く会社に向かう。

今日はなんだかあったかいなぁ、と思って歩いていると、
日中は20度近くまで上がるのだとか(天気予報によると)。

いい1週間が始まりそう。
行って来ます!


関連タグ :

Posted by コバシ at 13時50分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.