きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

7

2009


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2009年07月08日(水)

COFFEA EXLIBRIS [おいしいご飯&カフェ]

画像(400x299)・拡大画像(639x479)

日曜日に下北沢で立ち寄ったカフェのことを書こうと思う。
「COFFEA EXLIBRIS」
というとても小さなカフェだ。

おどろいたのは、コーヒーのうまさ。
「セルトン」というブラジルを頼んだのだけど、これが激ウマだった。
ほどよい苦みに、いろいろな種類の甘みが重なりあった深い味わい。

フレンチプレスという入れ方もいいのかもしれない。
ぼくはどちらかというとフレンチプレスは否定的(濁った感じが苦手)だったのだけど、
ここのコーヒーは本当に美味い。
しかも、たっぷり2杯分運ばれてくるので、ゆっくり楽しめる。


初めて堀口コーヒーで飲んだときみたいな衝撃をひさびさに受けたぼくは、
ついついいつもの2倍近いコーヒー豆を買って帰ってしまった。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

手書きのパッケージもかわいくていい感じ。

あとで家に帰ってから調べたら、この店はもともと有名だった下北沢のカフェ「ミケネコ舍」の方がごく最近始めた店だという。
意外や意外。
店の雰囲気が以前に見聞きしていたミケネコ舎のイメージとはあまりに違うからね。
いや多分こっちの店のほうが好きだけど。

いい店見つけた。


Posted by コバシ at 09時19分   パーマリンク

2009年07月05日(日)

梅が丘〜下北沢 [きょうのできごと]

小田急線の梅が丘〜下北沢を散策する。
目的は、もともと行きたかったインテリアショップめぐり。

最初に目指したのは、ギャレット
どの駅からも10分以上歩く、ちょっと不便な場所にあるお店だ。

このお店は、インテリアというよりも古材、廃材の店、というイメージ(というか、それが目的で行った)。
むかし、「ジャンクスタイル」という本を持っていたのだけど、古くてほろいけど雰囲気のいいもの、
かっこいいものを集めたお店。
100年前の材木なんてのは確かに高いのだけど、
がしっとしていて安定感抜群、何より味があっていい。

今日は何も買わなかったけど、将来、作業用テーブルを自作するときにはこの店で材料を買おう。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

途中で見つけた「パン焼き人」というお店でランチ。
しかしすごいお店の名前(そのまんまだ)。
石釜で焼いたパンを売っているパン屋さんで
住宅街の中にあるしゃれた外観が目をひくお店(といいつつ、写真撮り忘れた)。


ランチはサラダにメイン、スープとデザートがついて、「パン食べ放題」といううれしい企画。
しかも小さめに切ったパンが10種類以上、楽しくお皿に盛っていろいろ味見してみた。

「馬鈴薯」「ガーリック」「木の実」とかいろいろ楽しいのだけど、残念ながら食べ放題のパンはかぴかぴに乾燥していて
味は評価できなかった。
おいしかったら買って帰ろうと思ったのだけど・・・残念。

次に向かったのは、「ENSYU」というお店。
小さなインテリアショップで、ここも古めの家具や証明器具、雑貨などを売っている。
ギャレットとはちょっと違うタイプの「ジャンクスタイル」の店だ。

テーブル、棚など、いろいろ気になるアイテムをチェックしておいた。
いいものはやっぱり高い。でもいつか欲しい。


このあと帰りがてら下北沢で寄ったカフェがすばらしかったのだけど、それについてはまた後日。


関連タグ :

Posted by コバシ at 08時58分   パーマリンク

2009年06月13日(土)

「カフェ オーディネール」がいい [おいしいご飯&カフェ]

画像(300x400)・拡大画像(480x640)

ネルドリップの珈琲と静かに流れるジャズ。
テーブルの上や書棚には本がぎっしり並んでいる。
下北沢の「カフェオーディネール」はそんな場所。

そう聞くと、あぁ、渋いジャズ喫茶か何かね。
と思う人もいるかもしれない。
けど違う。
オーディネールは、あくまでもカフェだ。


喫茶店のようなぴりりとした緊張感はまるでなくて、
リラックスしながら美味いコーヒーや軽食がつまめるゆるい場所。
オーディネールのことを僕はそんなふうに思っている。


しばらくまた行きたいなぁとうずうずしていたから、
ひさびさに足を運べるとうれしかった。

いいカフェだ。

画像(150x200)・拡大画像(480x640)


関連タグ :

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2009年03月27日(金)

さようなら、「精華」 [きょうのできごと]

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

代々木のシンボル、「代々木ゼミナール」の本校(だったところ)の脇に店を構える
中華料理屋さん「精華」が、今日で閉店した。

精華が閉店することなんてまったく知らなかった僕は、、
職場の人に「今日で閉店らしいから行く?」と誘われてビックリ。
もちろん、「行きます!」と一緒について行った。

精華といえば、やはり学生時代に代々木でバイトしていたときにお世話になった店のひとつ(3年ぐらい前にこのブログにも一度登場)。

僕はもっぱら同じ建物に入っている「ポパイ」に先輩に連れて行ってもらっていて、
精華はそれほど回数的には行っていないのだけど、
でも思い出にはしっかり残っている店だ
(ちなみに、「精華」「ポパイ」のほかには「しょうがい亭」がランチの定番。たまに千駄ヶ谷の「ステーキハウス」に足を伸ばしたり、懐に余裕があるときは「トスカーナ」でスパゲティを食べたりもした)。

「精華」は、いかにも学生街の中華料理屋らしく、
ご飯もおかずも大盛りで、がっつりボリュームがあり、カウンターでさっさと食って出る、というお店。
何より、安くてうまい。これに尽きる。

画像(300x400)・拡大画像(480x640)

そんなちょっとした思い出の店で最後に頼んだのは、
店の名物の1つ、「チキンライス」。
もちろんケチャップライスでなければ、シンガポール料理の
それでもなく、
油淋鶏(ユーリンチー)のようなおかずがメインの定食。

カリッと揚がったチキンに、ピリ辛のたれ、それにザク切りのキャベツがたっぷり。
ご飯と一緒に口に運ぶと、一瞬で幸せな気分になった。

お店は4月から、また別の人が引き継いで再開する予定だそうだ。
「今よりは美味くなるよ」なんて厨房のおっちゃんは笑いながら言っていたけど、
果たしてそんなことがあるだろうか。

残念だけど、でも最後の日にこうして足を運べたのは本当にラッキーだった。
美味いメシ、いつもありがとう。
そして長い間、おつかれさまでした。

画像(300x400)・拡大画像(480x640)

関連タグ :

Posted by コバシ at 22時51分   パーマリンク

2009年03月11日(水)

お弁当のおかず:そぼろ肉じゃが [男のお手軽料理]

弁当箱を買ってさらに調子付いているMy弁当生活
(ちなみに、最近、弁当を作って持参する「弁当男子」が増えているらしい。なんかブームに乗っているみたいで恥ずかしいのだけど。偶然ぐうぜん)。

僕の場合は、だいたいおかず3品のうち、2品はちゃんと作って、もう1品は冷凍食品でぱぱっと済ませることにしている(これ以上がんばると続かない)。

今日はそのうちの1品、肉じゃがの仕込み。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

肉じゃがは普通に作ってもうまいのだけど、
おかず用にさらに好きなのが「そぼろ肉じゃが」。
前にも作っているけど、
普通のお肉の代わりにひき肉を使う。
汁を吸ったそぼろとジャガイモの相性は抜群で、
ご飯の上にどーんと乗っけて食べると、ほかのおかずは要らないぐらい。

たっぷり作っておいたので、2、3日は使いまわしできるし、便利。味もしみてきてなおよし。


Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.