きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

8

2010


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2009年05月23日(土)

お金も材料もないときはトマトパスタ [男のお手軽料理]

画像(200x150)・拡大画像(640x480)

お昼におなかがすいたので、トマトパスタを作った。
といっても、さくっと作れるいつもの手抜き版。

にんにくをオリーブオイルに溶かし、具材をいためてホールトマトの缶詰を入れるだけ。味付けも塩こしょうのみ。

具は冷凍庫に入っていたブロッコリーと、近所の商店で買った豚バラを入れた。豚バラは大きめのままどかどか入れたので食べ応えあり、トマトソースとの相性もいい。

材料費はたぶん300円ちょっと。
給料日前にはとっても便利なパスタなのだ。

Posted by コバシ at 08時49分   パーマリンク

2009年03月14日(土)

一番シンプルなパスタを [男のお手軽料理]

冷蔵庫を開けると、トマトが眠っていた。
サラダを作ろうと思って1週間以上前に買ったトマトだった。
すっかり忘れて寝かせすぎてしまったトマトは、
もうちょっと危なかった。

だからパスタを作る。
一番シンプルなトマトパスタだ。

いつもどおり、オリーブオイルににんにくのにおいをうつして、ベーコンを炒める。
カリカリになったら、ザックリ切ったトマトを。
油が全体になじんだら、つぶしたホールトマトを加える。
ぐつぐつ煮込んで、塩で味付け。

あとは早めになべからあげた茹でたパスタをフライパンにうつして、
ソースと絡めるだけ。
パルミジャーノをたっぷりふりかけたら、完成だ。

イタリアトマトじゃないので、生トマトだけでは弱すぎる。
でもホールトマトだけだと、食感やみずみずしさがない。

シンプルだけど飽きのこない味。
たまにつくるとはまるな、やっぱり。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

関連タグ :

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2009年03月11日(水)

お弁当のおかず:そぼろ肉じゃが [男のお手軽料理]

弁当箱を買ってさらに調子付いているMy弁当生活
(ちなみに、最近、弁当を作って持参する「弁当男子」が増えているらしい。なんかブームに乗っているみたいで恥ずかしいのだけど。偶然ぐうぜん)。

僕の場合は、だいたいおかず3品のうち、2品はちゃんと作って、もう1品は冷凍食品でぱぱっと済ませることにしている(これ以上がんばると続かない)。

今日はそのうちの1品、肉じゃがの仕込み。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

肉じゃがは普通に作ってもうまいのだけど、
おかず用にさらに好きなのが「そぼろ肉じゃが」。
前にも作っているけど、
普通のお肉の代わりにひき肉を使う。
汁を吸ったそぼろとジャガイモの相性は抜群で、
ご飯の上にどーんと乗っけて食べると、ほかのおかずは要らないぐらい。

たっぷり作っておいたので、2、3日は使いまわしできるし、便利。味もしみてきてなおよし。


Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク

2009年02月07日(土)

さっぱりトマトパスタ [男のお手軽料理]

ひさびさにパスタが作りたくなった。
今年初のお家パスタ。
いつものホールトマトを使った濃厚なソースではなく、
生のトマトを使ったあっさりソース。
レシピは料理本を適当に解釈して。

画像(300x400)・拡大画像(480x640)
  1. オリーブオイルににんにくをいためて香りづけ。
  2. 並行してゆでているパスタのゆで汁とトマトを加える。
  3. トマトをつぶしながらいためて、えびとほうれん草を加える。
  4. チキンコンソメを少しだけ。塩で味を調整。岩塩使うと美味。
  5. 硬めにゆでたパスタ(袋に書いてあるゆで時間の1分前ぐらいに引き上げる)をソースのフライパンに入れて強火で仕上げ。

気取ったイタリアンパスタ、というよりも、街のスパゲッティ屋さんのメニューっぽい感じ。
あつあつをはふはふ言いながら食べると大変おいしい。
満足。


関連タグ :

Posted by コバシ at 23時48分   パーマリンク

2008年11月23日(日)

鶏肉のトマト煮込み [男のお手軽料理]

昨日の「チューボーですよ」で境巨匠が作っているのを見て、急に作りたくなった「鶏肉のトマト煮込み」。
そう。料理のきっかけはいつもミーハーなのだ。

でもこれが実際にやってみると意外に大変というか面倒で、
なべは3つ必要だし、食材もそろえなくちゃいけないし、
タモリ師匠のように「カンタンでうまい」とはなかなかいかなかった。
まぁ、「街の巨匠」(つまりは有名店のシェフ)に教えてもらう作り方がベースなのだから、
当たり前といえばそうなのだけど。

やっと完成したものの出来が悪くなかったのがせめてもの救い。というか美味いぞ、これ。

画像(400x300)・拡大画像(640x480)

ガーリックトーストと、シンプルなサラダ(オリーブオイルと塩、レモンのオリジナルドレッシング)も添えて。

  1. ソース作り。オリーブオイルににんにくのにおいをつけて、たまねぎを炒める。
  2. ホールトマト、バジル、塩を入れて煮込む。しっかり煮込んだら最後になめらかにするためにミキサーにかけてとっておく(ほんとうはムーランで濾すのだけどないので)。
  3. 塩・コショウで下味をつけた鶏肉をオリーブオイルで皮がぱりぱりになるように焼く。中身はレアでもいいので強火で表面をしっかり焼く。
  4. さらに別のなべでオリーブオイル(にんにくの香りつき)、細切りのたまねぎ、パプリカを炒める。
  5. 最初に作ったトマトソースと白ワイン、それに生のトマトのスライスを入れて煮込む。水は入れない。
  6. 表面を焼いておいた鶏肉を入れて煮込む。皮が上。時間は10分ぐらい。
  7. 完成。

Posted by コバシ at 15時22分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.