きょうのできごと

見ること、感じること、思うこと。ふつうの毎日を毎日書く、ただ書く。メモを兼ねた日々の雑記帳。

7

2011


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

コバシ

1999年、フリーペーパー ジャメヴュモンドを創刊。
以来、6年間に渡り、不定期ながらフリーペーパーを発行。

とにかく紙が好き、モノ作りが好き。
でも、そろそろウェブもなんとかしないとなぁ。

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

2011年06月15日(水)

あじさいが咲きました [きょうのできごと]

画像(450x298)・拡大画像(640x425)

東京は例年になく早い梅雨入り。
もう梅雨になって2週間が経ちます。

あじさいのほうは、あまりついて行けていなかったようで。
じょじょに満開になってきました。


あじさいは満開よりも咲き始めのほうが好きです。
あわい色あいがとてもきれい。

もちろん、満開のあじさいもきれいですけども。

画像(298x450)・拡大画像(425x640)

Posted by コバシ at 23時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2011年06月09日(木)

マンモスコーヒー [きょうのできごと]

画像(298x450)・拡大画像(425x640)

この間の日曜日に立ち寄った上石神井の「マンモスコーヒー」で買ったコーヒーを淹れてみた。

ゆっくりとお湯をそそぐと、ふわぁっと一気にふくらむ。

マイルドブレンドだけどちょっと深めで、
しっかりこくがあり、香りもよく、とても美味しい。


マンモスコーヒー、はまるかも。

Posted by コバシ at 23時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2011年05月15日(日)

「麒麟の翼」読了 [こんな本読んでみた]

「新参者」でついに東野圭吾デビューを飾ってしまった私。
といっても基本的にミステリーものは苦手なので、手を出すのは加賀シリーズだけ。
で、ついにその最新刊が出たので読んだ。


推理小説的な要素はほとんどなく(というより途中までまったく推理できないようになっている)、
あくまでも複雑に交錯する人間ドラマを楽しむような感じ。

新参者と同じく日本橋が舞台で(ただし今度は地名ではなく橋のほう)、あのあたりの情景を想像しつつ読めた。

Posted by コバシ at 01時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2011年05月08日(日)

野菜のオーブン焼き [男のお手軽料理]

画像(298x450)・拡大画像(425x640)

昨日「海猫家」で食べたオーブン焼きがとっても美味しかったので、さっそくマネしてみた。

ブロッコリー、スナップエンドウ、アスパラ、トマトにジャガイモなど。
ジャガイモは軽く下ゆでしてから、ぜんぶオーブン皿にのせてオリーブオイルと塩を振りかけ。
高温のオーブンに入れてじっくり焼き、途中ですり下ろしたパルミジャーノ・レッジャーノを振る。

美味い。
チーズの種類が違うからか、塩が違うからか、
お店の味にはちょっと届かないけれど、
野菜のみずみずしい甘みがたっぷり感じられて美味。

これは定番になりそうな予感。

Posted by コバシ at 00時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2011年02月13日(日)

タイポグラフィ展@庭園美術館 [きょうのできごと]

天気がいいので家具屋めぐりでもしようかなと思って目黒に降りたら、庭園美術館のタイポグラフィ展の旗が目に付いた。

タイポグラフィは大好き。
おまけに庭園美術館は行ったことがなかったのでちょうどいいや、
ということで予定を変更して「20世紀のポスター[タイポグラフィ]」へ。

画像(450x337)・拡大画像(640x480)

Tポイントカードっぽいポスター

竹尾が収集しているポスターコレクションの中から、タイポグラフィの優れたデザインの作品をセレクトした企画展。

メイン(というかほとんど)は欧文で、力強いサンセリフを使ったグラフィックデザインが多かった(スクリプト系とかはほとんどなかった)。
1920年代のソ連のイベントのポスターとか、50年代のニコンのポスター(カメラメーカーなのに文字だけ、というのもそういえばすごい)とか、
有名どころだと田中一光とか横尾忠則が手がけたポスターとかも。それらが年代別に並べられている。

やっぱり欧文はずるいなぁ。
文字と色使いだけであんなにかっこよく見せるんだもの、と思う。
シンプルだけどかっこいいもの、たくさんあった。

ただ、展示自体はほぼ同サイズのポスターばっかりなので(そういう企画だから仕方ない)、
正直言うと本で見たりするだけでも十分かも、とも。

カタログも手に入れたので、あとでじっくり眺めるのが楽しみ。

画像(337x450)・拡大画像(480x640)

一方、もう1つの主役、建物とお庭。
庭園美術館はもともと皇族のお屋敷だったそうで、重厚なつくりの洋館。
柱や壁、建具などを眺めるだけでもいちいちたのしい。

画像(337x450)・拡大画像(480x640)

庭は西洋庭園と日本庭園があり、西洋庭園のほうは芝生もバラも無くて寒々しい光景だったけど、
日本庭園のほうは梅や桃がちょうど咲いていたりしてよかった。

そして入り口にあるカフェもなかなかよいお店で、
庭園美術館、またまた来たくなりました。

今度はもうちょっと建物を生かした企画があれば
観に行きたいかな。

Posted by コバシ at 23時31分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ゆず茶作り

ゆず茶作り

あじさいが咲きました

あじさいが咲きました

マンモスコーヒー

マンモスコーヒー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2008 Jamais Vu Monde All rights reserved.